芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

hikaino.jpg
仲良き事は美しきかな~、でも緊張感も大事!

 グループとして日やけ止めスプレー「サンカット」のCMキャラクターに起用され、またメンバー個々の活動も順調な、人気上昇中のHey!Say!JUMP。中でも伊野尾慧は、朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)の木曜レギュラー、バラエティ『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のMC就任と、ソロ活動が活発化。テレビ露出の増加に加え、先日は来年公開の映画『ピーチガール』に出演することが発表されたばかりだが、レギュラー番組ではスタッフから手厳しいダメ出しをくらってしまった。

 伊野尾は昨年4月から、メンバーの八乙女光とともにラジオ番組『らじらー!サタデー』(午後8時5分~8時55分、NHKラジオ第1)でパーソナリティを担当。番組は生放送で、放送中にスタッフが公式Twitterでメンバーの様子やコーナーの告知などをツイートしているが、2日の放送に関しては「伊野尾くん、タイトルコールが疲れてる…?」「今日は2人とも、段取りがグダグダに…二年目一発目ですよ~!曲中に仕切りなおしてくださいね!」「八乙女くん、コーナーの進行の仕方を分かっていなかった…!!!」などと警告ツイートが連投され、伊野尾と八乙女は“公開ダメ出し”されてしまった。

「オンエアーでは、伊野尾がコーナーを紹介した後、八乙女が『え? あ……』と口ごもる一幕がありました。『ちゃんと言って』と伊野尾がフォローし、八乙女がコメントをするも、流れはグダグダ。結局、伊野尾が流れを把握していないのが原因だったようで謝罪しましたが、ちょっとした放送事故とも思える無音の時間が流れました。こうしたグダグダ具合が目に余ったのでしょう。公式Twitterからは『八乙女くん、台本ちゃんと読んでください!(二回目)』と、再度ツッコまれていました。番組開始から1年となり、スタッフは2人に初々しさや緊張感が消えてしまったことを危惧しているのかもしれませんね」(ジャニーズに詳しい記者)

 番組終盤には、2人に続いて4月から同番組(午後9時5分~)のパーソナリティを務めるジャニーズJr.の安井謙太郎&高橋優斗が登場。安井は八乙女と伊野尾の様子について「僕ら、初めてのラジオなんですけど、この先輩方のリラックスムードにビックリしてます。ガチガチで、僕らさっきリハーサルしてきたんですけど」と率直な感想を漏らしたが、八乙女は「今日は2人が初MCやるってことで、俺といのちゃんがガクンとハードル下げといたから。いっぱい噛んで」「いいんだよ、全然こんな感じで」と、半ば開き直ったようにコメント。

 とはいえ、安井からアドバイスを求められた八乙女は「本当にね、力抜いて。下ネタとかあんまり言わなければ、だいたい大丈夫だから」と話しており、堅苦しい内容にならないよう、リラックスモードを心がけているようだ。

「また公式Twitterは、午後10時台の新パーソナリティを務めるSexy Zoneにも言及。佐藤勝利と中島健人の担当パートについて『2人ともすらすらと読んでいて噛まない!というつぶやきがチラホラ…8時台の2人……』と、八乙女&伊野尾をイジるような一文を投稿していました。一連のツイートは冗談を交えた“愛のあるクレーム”だったのかもしれませんが、伊野尾は同番組の放送中にポケットから携帯らしきものを取り出して操作している姿が『ニュース シブ5時』(NHK、2月5日放送)に映り込み、物議を醸したことも。事務所の猛プッシュで新仕事が続々と決まっている状況だけに、既存の番組とも手を抜かずに向き合ってほしいものです」(同)

 ラジオでも発揮しているように“テキトー”キャラで知られる伊野尾は、いよいよ4月7日に『めざまし』の初回を迎える。情報番組のレギュラーという責任ある立場だけに、気を緩めることなく生放送を乗り切ってほしい。

『ダークシステム 恋の王座決定戦 [DVD]』 山田が聞いたら腰抜かすレベルのダルダル放送! amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!