舅から先制パンチも

藤原紀香、結婚しても四面楚歌!! 「おかみさんから陰口」「子作り問題で炎上」ら苦難続き

hujiwaranorika04.jpg
紀香には逆風を吹き飛ばすくらいのノリノリを期待

 3月30日にマスコミ発表、翌31日にはツーショット記者会見で結婚報告を行った藤原紀香と片岡愛之助。かねてからネット上では「祝福されない」カップルといわれていたが、関係者からも冷たい視線が向けられているようだ。また、両者の結婚をめぐっては、周辺でも炎上騒ぎが多発するなど、どうにも火種を抱えてしまっているようだが……。

「会見では、愛之助のサポートを再優先するとしながらも、『“藤原紀香”としての活動は、そのなかで許される範囲なので』と、芸能活動の続投を表明。交際発覚当初から、紀香に対しては、『おかみさん業に徹する意識はまるでなさそうだ』と、歌舞伎界の伝統を重んじる人々から批判が噴出していました」(週刊誌記者)

 紀香の“おかみさんデビュー”に関しては、9日から香川で開かれる「四国こんぴら歌舞伎大芝居」初日が有力視されていたが、この件については当初結婚に反対していたといわれる、愛之助の養父・片岡秀太郎が「金丸座は鴈治郎さんが主役。その初日に愛之助たちが騒がれては配慮に欠けるので、紀香に初日に金丸座に行くのは遠慮するように云いました」とブログにつづったことが話題に。

「同公演は中村鴈治郎が昨年4代目を襲名して初の出演で、秀太郎の言い分はもっともだという声もある中、秀太郎のブログのコメント欄には反対意見を書き込むネットユーザーも。現在同ブログは、炎上とはいわないまでも“ぼや”は続いています。また、5日発売の『女性自身』(光文社)では、紀香がおかみさんたちから『あれで役者の妻が務まるのかしら』などと陰口を叩かれているということが報じられました」(同)

 さらに会見時の紀香の“子作り宣言”も話題を呼んでいる。愛之助が跡継ぎについて「養子でも芸養子でもいろんな形がある」と語ったのに対して、紀香は「彼の子どもを産みたいなと思うのが女心」と前向きに発言した。

「会見の前日、NEWS・小山慶一郎が、『news every.』(日本テレビ系)で『ちょっと早いかもしれませんけれども、どんなお子さんが生まれてくるのかっていうところも期待したい』とコメントしていました。しかしこれには、紀香が今年45歳だけに女性ネットユーザーから『紀香の年齢での初産がどれだけ大変なことか知らないの?』『基本的な心配りが欠けている』と批判が集中。ある意味紀香の結婚以上にネット上で炎上を起こしてしまいました」(同)

 関係者からの批判だけでなく、自分のあずかり知らぬところでの炎上まで起こってしまった紀香。新婚早々トラブル続きとなってしまったが、四面楚歌の結婚生活は、今後どうなっていくのだろうか?

めげずに十二単は着てよね!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク