漫画家・安藤たかゆきさんインタビュー

「吃音症はメガネをかけているのと同じ」“どもり”の漫画家が語るコンプレックス克服法

「吃音症はメガネをかけているのと同じ」“どもり”の漫画家が語るコンプレックス克服法

 言葉がうまく出てこないコミュニケーション障害、吃音症。いわゆる、「どもり」は昔から存在している障害ですが、認知度はそう高くない印象です。漫画家の安藤たかゆきさんも、吃音症に悩まされた1人。現在はニコニコ静画にて、吃音症をテーマにしたエッセイ漫画『どもる私がコンプレックスを解消できるその日まで』をアップしています。今回は、安藤さんに吃音症の苦難や、社会からの偏見について聞きました。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「吃音症はメガネをかけているのと同じ」“どもり”の漫画家が語るコンプレックス克服法のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 吃音症統合失調症のニュースならサイゾーウーマンへ!