芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

ayuhamasaki.jpg
まだ「顔のアップOK」だった頃のあゆ

 歌手の浜崎あゆみが3月24日、イタリアの高級ランジェリーブランド「La Perla(ラ・ペルラ)」のイベントにゲスト登場した。上下白のスーツで現れ、大きく開いた襟元から胸の谷間をのぞかせるセクシーな姿を披露。報道陣以外の一般招待客250人の写真撮影は禁止されたが、浜崎自ら「撮っていいですよ」と呼びかけ、会場を盛り上げていた。しかし、大喜びで撮影した一般客と裏腹に、報道陣には浜崎の所属事務所から撮影に関してさまざまな注文が付けられていたという。

「報道陣には、撮影・掲載していいのは浜崎の全身ショットのみで、顔のアップの撮影は禁止とアナウンスがありました。このところ公の場に出るたびに『あゆも老けた』などと騒がれてしまうため、事務所側が考えた対応策だったのかもしれません。大勢の一般客が浜崎に群がって写真を撮っていたのにもかかわらず、SNSなどネット上にはその写真がまったくアップされていないという“怪現象”が起きていますが、そのアナウンスを耳にしていた一般客も、浜崎のイメージを守るため自主規制したのかも。もしくはアップしたものの片っ端から、事務所側に削除を命じられているのか……」(芸能ライター)

 タレントのイメージをコントロールするという意味では、芸能事務所が写真撮影に注文を付けるのは、ある意味当たり前の仕事ともいえる。しかし中には、事務所側ではなく、自ら注文を付けてくる者もいるという。

「元サッカー日本代表の中田英寿です。彼のセルフプロデュース意識は相当高いようで、例えばイベントの入場シーンなどについて、『歩いているところは格好良くなかったから使わないでほしい』との注文が入ったこともあります」(ワイドショースタッフ)

 さらに、今回の浜崎とまったく同じ撮影条件を付けた芸能人といえば、美輪明宏が挙げられる。

「ここ数年、『NHK紅白歌合戦』の常連となっている美輪さんですが、『紅白』リハでは『顔のアップは撮影NG』。ステージ俯瞰での撮影のみ許可されています。本番の生放送もアップは禁止のようで、ステージ全体を遠くから映し続けた結果、不思議な神々しさがある映像が流されました」(同)

 ついに浜崎も美輪と同じレベルに達したということだろうか?

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!