【うわさの会見場から】

浜崎あゆみ、カメラマンに「顔のアップNG」! 写真撮影への注文が多いタレントとは?

ayuhamasaki.jpg
まだ「顔のアップOK」だった頃のあゆ

 歌手の浜崎あゆみが3月24日、イタリアの高級ランジェリーブランド「La Perla(ラ・ペルラ)」のイベントにゲスト登場した。上下白のスーツで現れ、大きく開いた襟元から胸の谷間をのぞかせるセクシーな姿を披露。報道陣以外の一般招待客250人の写真撮影は禁止されたが、浜崎自ら「撮っていいですよ」と呼びかけ、会場を盛り上げていた。しかし、大喜びで撮影した一般客と裏腹に、報道陣には浜崎の所属事務所から撮影に関してさまざまな注文が付けられていたという。

「報道陣には、撮影・掲載していいのは浜崎の全身ショットのみで、顔のアップの撮影は禁止とアナウンスがありました。このところ公の場に出るたびに『あゆも老けた』などと騒がれてしまうため、事務所側が考えた対応策だったのかもしれません。大勢の一般客が浜崎に群がって写真を撮っていたのにもかかわらず、SNSなどネット上にはその写真がまったくアップされていないという“怪現象”が起きていますが、そのアナウンスを耳にしていた一般客も、浜崎のイメージを守るため自主規制したのかも。もしくはアップしたものの片っ端から、事務所側に削除を命じられているのか……」(芸能ライター)

 タレントのイメージをコントロールするという意味では、芸能事務所が写真撮影に注文を付けるのは、ある意味当たり前の仕事ともいえる。しかし中には、事務所側ではなく、自ら注文を付けてくる者もいるという。


「元サッカー日本代表の中田英寿です。彼のセルフプロデュース意識は相当高いようで、例えばイベントの入場シーンなどについて、『歩いているところは格好良くなかったから使わないでほしい』との注文が入ったこともあります」(ワイドショースタッフ)

 さらに、今回の浜崎とまったく同じ撮影条件を付けた芸能人といえば、美輪明宏が挙げられる。

「ここ数年、『NHK紅白歌合戦』の常連となっている美輪さんですが、『紅白』リハでは『顔のアップは撮影NG』。ステージ俯瞰での撮影のみ許可されています。本番の生放送もアップは禁止のようで、ステージ全体を遠くから映し続けた結果、不思議な神々しさがある映像が流されました」(同)

 ついに浜崎も美輪と同じレベルに達したということだろうか?

あゆファン、統制がとれすぎ~!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

浜崎あゆみ、カメラマンに「顔のアップNG」! 写真撮影への注文が多いタレントとは?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 浜崎あゆみ・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 愛子さまの“激やせ”写真の波紋
  2. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  3. 親の七光りだと思う若手二世タレント
  4. 堀北真希、引退劇の唯一の汚点
  5. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  6. 『べっぴんさん』最恐キャラ登場
  7. 堀北真希“引退会見”を拒否してた!?
  8. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  9. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  10. 小野賢章、天狗発言で悪評噴出!?
  11. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  12. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  13. 月9視聴率5%招いた3つの要因
  14. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  15. 櫻井ファンを疑心暗鬼にさせた、小川アナの1枚の写真
  16. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  17. テレ朝を剛力彩芽が起用し続けるワケ
  18. 熱愛疑惑のNEWS小山が語るNEWSへの思いとは?
  19. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  2. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  3. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  4. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  5. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  4. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  5. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ