今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

藤原紀香&愛之助の“コント風”結婚会見で、誰よりも存在感を放っていたのは……

hujiwara-jinnai.jpg
右サイドを愛之助に脳内変換でお願いいたします

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎仕込み完了
 何もかも予想通り、長回しのコント状態に大満足の藤原紀香&片岡愛之助結婚会見。「初々しい紀香さん」に「誠実な愛之助さん」か。クゥーッ、沁みるぜ!

 それより気になったのは、会見の司会を務めていた上田まりえだ。確信犯的にグイグイ下世話に抉っていた印象だが、これは『5時に夢中!』(TOKYO MX)新アシスタント就任直前のパドックを意識して、ということなのだろうか。内藤聡子ロスの嵐の中、初日にマツコ・デラックスにイジってもらえる、いい手土産を用意したということなのだろうか。『5時に夢中!』マニアだけの過ぎた勘ぐりですね。聡子も夏生もいない春かよ……。

◎GIF画像というチャレンジも
 「共演NG」「ラブシーンNG」「バラエティNG」など、芸能界にはさまざまなNG事項が存在するわけであるが。最近は「動画NG」ってのも増えてきているらしい。「修正できない」というのがその理由だそうな。モデルのM香は、これで某CMの話を断ったという。「動画NGモデル」の存在意義ってなんだろな。SNS>本業ってことか。THE本末転倒!

◎そしてうつ病
 騒動後は、外国かなんかでそーっと暮らすのかと思ってたら、手記ドーン! からのライジングホームページ。いつか万が一誰かがSTAP細胞を発見した時に、「ワイが作ったレシピ通りじゃ。よくやった!」と名乗りを上げられるように張っておいたということか。さすがだぜ。ハートがすごいぜ。小保方張る子!

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー