その他
【ジャニーズ研究会レポート】

滝沢秀明の制止から10年……A.B.C-Z河合郁人が“木村拓哉路線”を解禁!

 村上龍原作の舞台『コインロッカー・ベイビーズ』でダブル主演を務めるA.B.C-Z橋本良亮&河合郁人と、つかこうへい原作の舞台『寝盗られ宗介』で主演を務めるA.B.C-Zの戸塚祥太が雑誌「BEST STAGE」2016年5月号(音楽と人)で、役と自分を比べながら、意気込みを語っている。

 『コインロッカー・ベイビーズ』は、タイトル通り、生まれてすぐコインロッカーに置き去りにされた2人の青年の物語で、ハシ役を橋本、キク役を河合が務める。戸塚が「ハッシーがハシでしょ(笑)。もう名前の一致からして運命的だよなぁ」というように、歌唱シーンもあると当たり役に抜てきされた橋本。しかし、繊細なキャラクターを演じるにあたり、「ハシをやっている期間は俺、目が死んでると思うから。愉快な仕事とかどうしよ(笑)」と相談する一幕も。そんな橋本に河合は「大丈夫、塚田(僚一)がいる(笑)」と励ましていた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク