病気説も飛び交っているけれど

清原に続く“薬物疑惑”アスリート浮上! 「激ヤセに丸刈り」「ブログが不気味」のウワサ

16ushirosugata.jpg
Photo by Stavros Charakopoulos from Flickr

 清原和博の逮捕後に巻き起こった“芋づる逮捕報道”も落ち着きをみせているが、今月に入って突然「近々動きがありそうだ」といわれるようになった元アスリートが存在するという。現役引退後もたびたびメディアを賑わせるその人物だが、ネット上では「激ヤセ」で話題になったことも。あるメディア関係者は「すでに警察も行動を確認している」と話すが……。

 Xといえば、80~90年代の活躍ぶりから、国民的人気者となった超一流アスリート。現役引退後もスポーツ界に深く携わっており、メディアに登場する機会が多い人物だ。

「私生活では家族がらみのトラブルが相次ぎ、スポーツ紙やワイドショー、週刊誌にも幾度となく追いかけられている“お騒がせ者”。しかし、最も世間に衝撃を与えたのは“激ヤセ”かもしれません」(情報番組スタッフ)

 現役時代に比べ、あり得ないほど激ヤセしてしまったXだが、そのほかにも「目の焦点が定まっていない」「ブログが意味不明で、不気味」など、ネット上ではその言動にたびたび注目が集まっていた。

「つい最近も、近影が報じられた途端に、ネット上で『もはや別人』『病気じゃないの?』などと驚きの声が上がっていました」(同)

 そんなXの薬物疑惑は、今までメディアなどで大々的に取り上げられることはなかったが、ここ最近になって「捜査当局がXの覚せい剤使用に関して、目を光らせるようになった」という情報がマスコミ関係者の間で流れるようになったという。

「組対5課(警視庁組織犯罪対策部第五課)筋から『Xの周辺が騒がしくなる』という話が漏れ伝わってきたんです。かなり前から警察はXに目をつけていたようですが、頭を丸刈りにした頃から、本格的な内偵捜査が行われるようになったそう。これまで検挙された著名人でも、確かに激ヤセや激太りといった体形の変化があったり、薬物使用を調べるための毛髪鑑定対策として、極端に髪の毛を短くするという例は後を絶ちません」(週刊誌記者)

 仮にXが逮捕されれば、清原同様世間に衝撃が走ることは必至。芸能界だけでなく、スポーツ界にも広がる薬物汚染の連鎖は、果たしてどこへ行き着くのか?

misono、石原真理に続く不気味ブロガーだよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー