マリコ様が本気でピンチ!

篠田麻里子、『テラフォーマーズ』も舞台もAKBからのお情け!? 「OGなのに寄生」と批判

1603_shinoda.jpg
『テラフォーマーズ』ヒットするといいね(棒)

 元AKB48で女優の篠田麻里子が「落ち目すぎる」と話題になっている。かつての大人気アイドルも、卒業からたった3年足らずで、今やネットでは「あ、まだいたんだ」「芸能活動してるの? まったく見ないんだけど」「調子こきすぎてた天罰だね」などとひどい言われようである。

 篠田はAKB在籍時、端正なルックスとスタイルからグループ内で確固たるポジションを確立。2009年から始まった「AKB48選抜総選挙」では第1回が3位、第2回が3位、第3回が4位、第4回が5位、第5回が5位、と安定した人気を誇っていた。

「13年にグループを卒業した篠田は、美人でスタイルもよく、バラエティ適性もあることから、OGの中で一番活躍するのではと目されていました。しかし、自身のブランド『ricori』が全店閉店に追いやられて以来、パッとしません。本人が望んでいた女優業がまったく振るわず、15年には園子温監督の映画『リアル鬼ごっこ』に主要キャストの1人として出演するも、公開初週の週末興行収入ランキングトップ10圏外。また先日は、6年間レギュラーを務めた情報番組『PON!』(日本テレビ系)を卒業、『オトナへノベル』(NHK Eテレ)でのMCの仕事も4月から女優の清水富美加に奪われ、テレビのレギュラー番組は『ペットの王国 ワンだランド』(ABC・テレビ朝日系)のみとなります」(芸能ライター)

 そんな篠田だが、4月には人気漫画の実写映画『テラフォーマーズ』に出演することが決まっている。

「同映画には、AKBの運営管理会社AKSの実質的親会社であるパチンコメーカー・京楽が出資していて、AKSが篠田に仕事を与えたのではないかと、ファンの間でささやかれているんです。また9月からの舞台の仕事も、秋元康と親交が深くAKBがらみの作品を何作も手がけたことがある堤幸彦が演出。こちらもAKSが噛んでいる可能性があり、篠田は結局古巣のお世話になっているわけです。卒業したのに寄生していると思われても仕方のない現状かもしれません」(同)

 こうした状況の篠田に対しては、ネット上で「卒業とは建前で、篠田はまだAKBなんだよ」「女優業やるとか張り切ってたのに、AKB関係の仕事しかないとか恥ずかしすぎる」「秋元もどこまで面倒見てやるんだか」と厳しい声が相次いでいる。

「最近も11日にAKB卒業生として『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演するなど、テレビの仕事もAKB関係ばかり。ちなみに15年にはテレビで彼氏の存在を公表したにもかかわらずまったく話題にならず、アイドルとしての寿命はとうに切れているようですね」(同)

 今後は高橋みなみの卒業により、AKSから割り振られる卒業生への仕事は高橋に集中するだろうとの声もある。そんな中で篠田は、“マリコ様”とも呼ばれていた往年の輝きを取り戻せるのだろうか?

次の展開は、マラソンタレント化かな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム