鷹澤フブキ氏インタビュー

「恋愛とSMプレイは別枠」官能作家・鷹澤フブキ氏が語る、セックス=“最高の娯楽”の意味

mfutari.jpg
『Mふたり 官能小説傑作選 恥の性』(角川文庫)

“セックス”をテーマの1つに小説を執筆している女性作家たち。彼女たちは男や恋愛、セックスに対して、人よりも強い思い入れ、時に疑問やわだかまりを抱えていることも。小説にして吐き出さずにはいられなかった、女性作家の思いを、過去の恋愛や作品の話とともに聞く。

【第6回】
鷹澤フブキ/『ぼくの楽園(パラダイス)』(角川文庫『Mふたり 官能小説傑作選 恥の性』より)
勤務する会社の終業後、更衣室に忍び込んでは、女子社員の制服の匂いを嗅ぐ行為を楽しんでいる栗原文徳。ある日、いつもと同じように更衣室のドアを開けると、そこには気が強すぎると男性社員から煙たがられている琴海と、栗原が密かに思いを寄せる瑠依子の姿があった。軽蔑の眼差しを向けられながら、栗原は2人に“お仕置き”を受けることになる――。

――『ぼくの楽園』はどのような構想のもと、執筆された作品なのでしょうか?

鷹澤フブキ氏(以下、鷹澤) 少しSMチックで、M男さんやフェチ嗜好の方向けの作品というのが編集部からのご依頼でした。この作品が掲載された「小説 野性時代」(KADOKAWA)の担当の方とプロットについて打ち合わせた時に、内容的にはあまりハードではなく、フェチな感じでまとめようということになりました。

――鷹澤さんの細部の描写への情熱の注ぎ方は、“職人芸”と感じます。例えば、ややぽっちゃりとした体つきの女子社員のブラウスについて「第三ボタンと第四ボタンの付け根のあたりがやや伸びている」と書かれていますが、そこに気づく栗原に笑ってしまいました。

鷹澤 「キモい」と思われたらアウトですからね。ギリギリのラインで可愛いか気持ち悪いかが分かれます。どんな変態でも「可愛い」と思わせられないと拒絶反応を起こさせてしまいますから(笑)。あと、私は文章を書くときには絵コンテ手法で書きますね、読者にその絵が浮かぶように。男の人って視覚にこだわるじゃないですか。特にこの作品を書いていた時には、完全に男になりきって書いていたと思います。たぶんこの文章を読んで、女が書いているとは誰も思わない気がします。でも、女性側に立って書くこともできますよ。きっと私は精神的には両性具有なんです(笑)。

一生に一度は言ってみたい言葉「できない子は、嫌い(笑)」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー