鷹澤フブキ氏インタビュー

「恋愛とSMプレイは別枠」官能作家・鷹澤フブキ氏が語る、セックス=“最高の娯楽”の意味

mfutari.jpg
『Mふたり 官能小説傑作選 恥の性』(角川文庫)

“セックス”をテーマの1つに小説を執筆している女性作家たち。彼女たちは男や恋愛、セックスに対して、人よりも強い思い入れ、時に疑問やわだかまりを抱えていることも。小説にして吐き出さずにはいられなかった、女性作家の思いを、過去の恋愛や作品の話とともに聞く。

【第6回】
鷹澤フブキ/『ぼくの楽園(パラダイス)』(角川文庫『Mふたり 官能小説傑作選 恥の性』より)
勤務する会社の終業後、更衣室に忍び込んでは、女子社員の制服の匂いを嗅ぐ行為を楽しんでいる栗原文徳。ある日、いつもと同じように更衣室のドアを開けると、そこには気が強すぎると男性社員から煙たがられている琴海と、栗原が密かに思いを寄せる瑠依子の姿があった。軽蔑の眼差しを向けられながら、栗原は2人に“お仕置き”を受けることになる――。

――『ぼくの楽園』はどのような構想のもと、執筆された作品なのでしょうか?

鷹澤フブキ氏(以下、鷹澤) 少しSMチックで、M男さんやフェチ嗜好の方向けの作品というのが編集部からのご依頼でした。この作品が掲載された「小説 野性時代」(KADOKAWA)の担当の方とプロットについて打ち合わせた時に、内容的にはあまりハードではなく、フェチな感じでまとめようということになりました。

――鷹澤さんの細部の描写への情熱の注ぎ方は、“職人芸”と感じます。例えば、ややぽっちゃりとした体つきの女子社員のブラウスについて「第三ボタンと第四ボタンの付け根のあたりがやや伸びている」と書かれていますが、そこに気づく栗原に笑ってしまいました。

鷹澤 「キモい」と思われたらアウトですからね。ギリギリのラインで可愛いか気持ち悪いかが分かれます。どんな変態でも「可愛い」と思わせられないと拒絶反応を起こさせてしまいますから(笑)。あと、私は文章を書くときには絵コンテ手法で書きますね、読者にその絵が浮かぶように。男の人って視覚にこだわるじゃないですか。特にこの作品を書いていた時には、完全に男になりきって書いていたと思います。たぶんこの文章を読んで、女が書いているとは誰も思わない気がします。でも、女性側に立って書くこともできますよ。きっと私は精神的には両性具有なんです(笑)。

一生に一度は言ってみたい言葉「できない子は、嫌い(笑)」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー