[連載]悪女の履歴書

11歳少女はなぜ友人を殺めた? 「佐世保小6女児同級生殺害事件」と少年犯罪の現在

世間を戦慄させた殺人事件の犯人は女だった――。日々を平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。彼女たちを人を殺めるに駆り立てたものは何か。自己愛、嫉妬、劣等感――女の心を呪縛する闇をあぶり出す。

elementaryscool.jpg

[第25回]
佐世保小6女児同級生殺害事件

 昨年、神戸児童連続殺傷事件の元少年Aが出版した手記は大きな話題になった。その多くが手記の出版を批判するもので、元少年Aはその後週刊誌に直撃され再び姿を消した。

 一連の大騒動でもわかるように事件から18年がたった今でも、当時14歳だった元少年Aによる残忍な事件は人々の記憶に鮮明に残っているが、そんな元少年Aの事件から7年後に起こったのが「佐世保小6女児同級生殺害事件」だった。

 2004年6月1日、長崎県佐世保市の小学校での給食の時間、小学6年生の女児2人の姿が教室になかった。担当教師が不思議に思った直後、女児の1人、A子が血だらけになって戻ってきた。

「私じゃない。私じゃない」

 女児はそういいながら奥の教室を指差したという。教師が慌ててその教室に行くと、そこにはもう1人の女児・B子が血まみれで倒れていた。B子は同級生のA子に呼び出され、椅子に座らされ片手で目隠しされた上で、カッターナイフで殺害されていたのだ。

 駆けつけたほかの教師に、A子は「救急車を呼んで。B子が死んじゃう」「私、どうなっちゃうの」という言葉を発していたという。

 当時この事件は大きな波紋を呼んだ。加害者であるA子は当時11歳。元少年Aの14歳よりさらに3歳も幼い。しかも2人は周囲から“仲良し”と思われていた関係だった。また被害者の少女の父親が大手新聞記者であり、会見を開いて娘への思いを吐露したことでも世間の涙を誘った。そして多くの少年事件がそうであるように、関心は加害者女児の“動機”と“家庭環境”に焦点が当てられていく。

小6の頃を思い出すとなんだかしんどくなる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー