[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP・香取慎吾“自殺発言”の衝撃! 『家族ノカタチ』終了で、スケジュール白紙に!?

singochan.jpg
カラダは大きいですが、繊細な末っ子なんです……

 今年1月に勃発したSMAPの解散・分裂騒動は、チーフマネジャーだった飯島三智氏がジャニーズ事務所を退社し、メンバー全員が残留することで収束。同時期に放送されていた香取慎吾主演のドラマ『家族ノカタチ』(TBS系)も3月20日に無事最終回を迎えた。しかし、同日開催のドラマの打ち上げで、香取が不穏な言葉を口にしたと各所で報じられ、ファンの間で波紋を呼んでいるようだ。

 29日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、打ち上げが行われたのは六本木のホテル。香取は主演挨拶で、これまで連ドラの撮影現場では、いつも「早く終わらないかな」と考えていたが、「今回、初めて終わってほしくないと思いました。SMAPとしていろいろあった時期に、キャストやスタッフの方たちに気を遣っていただいて感謝しています。正直、明日どうなるかわかりません。もしかしたら自殺しているかもしれないですね」と、衝撃的な挨拶したという。

「この発言から、やはり香取は今後もジャニーズで活動が続けられるのか、不安に思う気持ちが強いことが伝わってきます。今回の作品の出演は、分裂騒動が浮上する前に決まっていた仕事ですが、今後の活動は白紙といわれているだけに、『これが最後の大仕事になるのかも』という含みがあったのでしょう」(週刊誌記者)

 メンバーの中で、最も飯島氏になついていたとされる香取は、今も騒動の“決着”に納得がいっていないという。

「飯島氏の行き先は諸説ありますが、関係者の間では現在肉親とともに台湾に在住しているといわれています。そして、これまで使っていた携帯の番号は変わってしまったものの、今でも国内の一部関係者とは連絡を取り合い、復帰のタイミングや方法を画策中とのこと。その関係者の中には、事務所移籍の際に浮上した田辺エージェンシーの社長、そして香取も含まれているそうです。飯島氏は香取のことを気にかけており、香取も飯島氏についていきたいという気持ちがいまだに強いのかもしれません」(同)

 ジャニーズサイドからすれば、現在でも飯島氏と関係を持ち続けていること自体が“反逆”と捉えられかねない。そのため、SMAPや自身の今後を憂う香取の口から、「自殺」という言葉が出てきてしまったのだろう。育ての母を失い、先行きが見えない香取の心境が思いやられる。

飯島女史、台湾で次の原石を探しているんじゃ……!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに