[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」4月12日号

「婦人公論」幸運特集で、占いより生命力の強さを見せつけた「こまどり姉妹」の壮絶人生

fujinkouron160412.jpg
「婦人公論」4月12日号(中央公論新社)

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)の特集は「幸運を引き寄せる習慣」。これは同誌ではかなりヘビーローテーションされている企画です。道ならぬ恋に落ちてしまったときは「これは運命なの。自分ではどうしようもできないの」と人生の主人公を気取るクセに、運不運は自分の努力と裁量で引っ張ったり避けたりできると信じてやまない「婦人公論」読者たち。リードにも「幸せが向こうから舞い込むための習慣を取り入れてみませんか?」とあり、「金運を呼びこむ持ち物を教えます」「出会い運を上げるにはダサい服を捨てなさい」「色の力を利用してダイエット運をアップ」などの企画で、「カネ・男・アンチエイジング」にめっぽう弱い中年女性の気持ちを揺さぶります。

 そんな思いをさらに強くするのが、タレント・大林素子とフォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華の対談「結婚も仕事も手に入れたい! 2016年のカギは?」。なかなか予約が取れないというイヴルルド氏の「フォーチュンサイクル」に、大林は興奮しっぱなし。占いというより、占いを入り口に自分語りがしたい。占いで人生の答え合わせをして、自分の選択が間違ってなかった(運命だから仕方なかった)と思いたい。さらに占い師の助言によって未来はもっと良くできると信じたい。芸能人という不安定な稼業なら、なおさら……。こりゃ元オセロ・中島知子もむべなるかなと妙に納得してしまいました。

<トピックス>
◎特集 幸運を引き寄せる習慣
◎こまどり姉妹 何度どん底につき落とされても 人との出会いに救われて
◎同性愛、性同一性障害……「LGBT」を知ろう

■占いを凌駕するこまどり姉妹の生命力

 さて、この特集で大林よりも鮮烈な印象を残しているのが、対談「こまどり姉妹 何度どん底につき落とされても 人との出会いに救われて」。1938年生まれの78歳。しかしまだまだ現役で全国各地に赴いては歌い、最近ではバラエティ番組にもひっぱりだこ。ところがその人生はかなり壮絶で、極貧家庭に育ち、11歳から門付け(家の戸口をまわって民謡などを歌う)を始め、盛り場の流しを経て、21歳でレコードデビュー。しかし人気絶頂期に妹が熱烈なファンから腹部を刺され重体、顧問税理士にはお金を持ち逃げされ、がんにも襲われる……。そんな姉妹の人生もまた、「占い」を軸に回っていたよう。

確かに、おすぎの独占欲はめっちゃ強そうだし……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー