ミヤネは隠し子騒動どうした

松本人志、宮根誠司、小倉智昭……乙武洋匡の“不倫擁護”で批判続出の男性タレントたち

2016ototakebook.jpg
『子どもたちの未来を考えてみた』(PHP研究所)

 今夏の参議院選挙に自民党の擁立で出馬すると報じられている、乙武洋匡氏の不倫騒動。この件についてダウンタウンの松本人志が、MCを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「障がいをもっている男性にとっては『頑張れば恋愛ができるんだ』と思える前向きなニュース」「これによって乙武さんに『このドスケベ!』って頭をどつけることで、世の中の変な溝が消えれば」などと発言。この乙武氏擁護とも取れる発言に、ネット上では「その話と不倫は違うだろ」「擁護するコメントばっかりでガッカリした」と批判が噴出している。

「乙武氏は『ワイドナショー』に準レギュラーとして出演していて、そこでの乙武氏の的を射ながらも少し過激な発言を松本は高く評価しているようです。毎週番組を視聴している人にとっては今回の松本の擁護発言は想定内とも言えるでしょうが、世間から反感を買うのはやはり避けられませんでしたね」(芸能ライター)

 「身内に甘い」と言われ続ける芸能界だが、松本の擁護発言の内容にも、疑問の声が多数上がっているようだ。

「『障がいをもつ男性の励み』といった趣旨のコメントには、『ただの恋愛とは違うんだから』『恋愛と不倫の違いがわからないとか残念すぎる』と、特に女性から強い批判を受けています。さらに松本の『これで障がい者との変な溝が消えれば』との発言には、『障がい者だからって擁護してるお前が差別者だろ』『乙武さんを叩くことこそが、平等って言えるんじゃないですかね?』といった冷静な声も出ていますね」(同)

 また、今回の乙武氏の不倫騒動を擁護したとして、松本同様に非難を受けている者が多くいるようだ。

「今田耕司は『5人と不倫とは男としてすごい、あっぱれ! 頼もしい』、小倉智昭は『とくダネ!』(フジテレビ系)で『言ってることとやってることが違う人なんて乙武さん以外にもいっぱいいる』とそれぞれ発言し、物議を醸しています。また宮根誠司は、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)や『Mr.サンデー』(フジテレビ系)で同騒動を取り上げていたのですが、自身は過去に隠し子の存在が発覚した身。『とやかく言える立場じゃない』『不倫と隠し子騒動があった宮根が何言ってんの?』とバッシングを受けてしまいました」(同)

 男性芸能人がこぞって乙武氏を擁護する度に、ネット上が大荒れになっている現状。今年1月に勃発したベッキーとゲスの極み乙女。・川谷絵音のスキャンダル以降、不倫への風当たりが強まっているが、果たして乙武氏はこの騒動にどんな落とし前をつけるのだろうか?

不倫云々の前に、もともと乙武アンチが多かっただけよね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー