芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

okadarun.jpg
お年玉任務成功と同時に走り抜ける岡田

 年末年始シーズン、ジャニーズの先輩タレントにお年玉をねだっていたことから、V6・三宅健に“お年玉妖怪”というあだ名をつけられてしまった岡田准一。昨年末の『NHK紅白歌合戦』の場で、SMAP・木村拓哉からこっそりと自分の分だけお年玉をもらっていたことが三宅に暴露されたが、今度は木村がそのやりとりの裏側を語ってくれた。

 3月18日放送のラジオ『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)で、木村はこの一件に言及。リスナーからの「今年はV6の“お年玉妖怪”岡田くんにお年玉をあげたそうですね」といったお便りを受け、

「こんなことをラジオで言ってたんですね、三宅くんが。いや、あの~、はい。(岡田に)あげましたね。面と向かって『お年玉ください』って言われたんで。こんなこと言われたのあんまねーな、と思って」

と、お年玉をせがまれたときの率直な感想を漏らす木村。しかしお年玉袋が手元になかったため、マネジャーに「お年玉袋買ってきてもらっていい?」と頼み、買ってきてもらったそうだ。

「家帰って“お年玉か~”と思って。お年玉袋に『岡田へ』って書いて(笑)。お年玉入れて。そしたらね、なんかね、『紅白歌合戦』というところにいる後輩の方たちいるじゃないですか。自分の中でも、『そういや、あんなヤツらもいるしな~』っていうのがちょっと出てきて」

 そこで袋が残っていたこともあり、「ほかに、もしそういう機会があったら渡せるかなっていう感じで、プラス5袋くらい(お年玉を)用意した」という。続けて、岡田にお年玉をあげた瞬間について振り返り、

「岡田見つけて『これ、はい』って言ったら『え、なんすか?』って言うから、『だからお前、お年玉って言ったろ。はい、お年玉』って言ったら、『うわ! マジっすか! ありがとうございます。すみません、ありがとうございます!』って」

と、おねだりした岡田も本当にもらえるとは思ってなかったようだ。しかし、岡田が木村に「個人だけでも大丈夫です」とお年玉の交渉をしたため、もらえなかったV6メンバーが「俺たちのやつないよ」「岡田だけもらってる」とがっかりしていたことを三宅がラジオで明かしていたが、そのことについても、

「(岡田が)“お年玉妖怪”っていうふうに言われていたこと知らなかったので、これはちょっとビックリしましたね。そして、V6の中でこういう話になっていたとはまったく知らなかったので」

と、思わず弁明。木村は「ちゃんとね、用意したやつあったんでね」とも話しており、岡田以外のメンバーに渡さなかったことを残念がっているようだ。

ちなみに、余ったお年玉は、2017年公開予定の主演映画『無限の住人』の現場で渡したほか、財布に戻してしまったものもあるとか。最終的に木村は「しかし、でもスゴくねーか!? この“お年玉妖怪”って」と、あらためて岡田のあだ名に興味を示していたのだった。

 一方、岡田がゲスト出演した『TOKIOカケル』(フジテレビ系、3月16日放送)では、TOKIO・松岡昌宏が、岡田はよく人に「おごってください」「お年玉ください」などとおねだりするという話を切り出し、「こないだ、だって言ってたじゃん。木村拓哉さんが。岡田が来て『お年玉ください』って、『お年玉あげたんだよ』って話をしてたから」と振ると、岡田はニヤつきながら「“たくや”って書いたポチ袋で」と、うれしそうに明かしていた。

 先輩にも臆することなく、果敢に飛び込む岡田だからこそ生まれた今回のエピソード。早くも次回の“お年玉妖怪”の活躍が楽しみでならない。

『SP 野望篇 Blu-ray特別版』 ニヤニヤした岡田が近づいてきたら身の危険感じるしね! amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!