ルハンと希子が共演って!

水原希子、中国でアンチ増加! 雑誌のカバー起用で「本当に不快」と批判続出のワケ

vogueme.jpg
「VOGUE me」の表紙。人気の3人が一堂に会した

 世界18カ国で出版されているアメリカの人気ファッション雑誌「VOGUE」が、中国で「VOGUE me」として1990年代生まれの若者をターゲットに3月から隔月発売することになった。約200ページという豊富な内容で刊行される。

 世界的ファッション誌の中国版の登場に注目が集まる中、先日その表紙が発表された。起用されたのは、米新進女性モデル・パイパー・アメリカ・スミス(19)、元EXOの中国人メンバー・ルハン(25)、モデルで女優の水原希子(25)の3人だ。

 「中国日報」(3月18日付)は、今回3人が抜擢されたのは中国の若者から人気が高く、ファッションリーダーとして大きく注目されているからと分析。水原は、中国でも大ベストセラーとなった村上春樹『ノルウェイの森』の映画版に出演し、女優として大きくその名が知られるようになった。その後、中国でも人気の韓国アイドルBIGBANGのG‐DRAGONとの熱愛スキャンダルが報じられると、一部のBIGBANGファンからバッシングを受けるなど、中国にはアンチファンも多い。

 今回の「VOGUE me」の表紙に関しても、ルハンのファンと思われる中国のネットユーザーから、「G‐DRAGONの次はルハンですか?」「ルハンと密着しすぎてて本当に不快になる」「G‐DRAGONと抱き合ったその手で、ルハンに触るな!」などなど、厳しい声が相次いでいる。これについて、中華圏の芸能界に詳しい女性ライターは言う。

「水原は中国や台湾などでも人気はあるのですが、日本や韓国で数々の浮き名を流していることから、中華圏の人たちにはチャラいイメージが強いんです。彼女は中国でも本格的な活動を開始しようとしているので、中国のアイドルファンは『男性アイドルや俳優が食い散らかされるのでは』と危機感を抱いているのでしょう。今回の表紙騒動はそれを如実に物語っています」

 日韓同様、中国でも一部の女性たちから嫌われている水原。すでにいろいろな意味で広く名前が知られている彼女にとって、中国でも“炎上商法”こそ手っ取り早い宣伝効果となるのかもしれない。
(広瀬賢)

ガンガン食い散らかしてデヴィ夫人超えの玉の輿しちゃって!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー