若手女優三つ巴!!

広瀬すず主演『ちはやふる』、期待はずれの4位発進! 有村架純&土屋太鳳に敗北喫す

2016tihayahuru.jpg
『ちはやふる』公式サイトより

 19日に公開された広瀬すず主演映画『ちはやふる』が週末の興行成績ランキングで、動員14万6,299人、興収1億7,901万8,300円を記録し、初登場第4位でスタートを切った。公開スクリーン数は298という大規模公開で、ほかにもさまざまな好条件が揃った同作だが、関係者の期待に応える結果とはならなかったようだ。

 累計1,600万部突破の同名少女漫画が原作で、2011年、13年と2度アニメ化もされている『ちはやふる』。広瀬にとっては初の単独主演映画ということもあり、配給側はかなりの熱量を注ぎ込んでいたという。

「競技かるたに青春をかける高校生たちを描いた作品で、また広瀬のほかにも、野村周平や真剣佑など、若者に人気の俳優陣が出演しているため、10代の3~4人以上のグループ動員が見込まれていましたが、この結果は期待はずれというほかない。前後編の2部作ということからも、ヒットを見込んだ上で制作したことでしょうが、このまま動員が伸びなければ赤字も倍々ゲームという、悲惨な結果が待っています」(映画会社スタッフ)

 また、同週には有村架純がヒロイン役で出演する映画『僕だけがいない街』も公開され、こちらはスクリーン数329に対して動員16万9,500人、興収2億2,170万6,200円で、興行成績ランキング初登場第2位を記録した。

「現在の映画界では、ヒロイン役を考える際にいの一番に名前が上がるのが、広瀬と有村、そして土屋太鳳の3人です。いずれも存在感がある若手女優で、なにより視聴率や集客力など、数字を持っていることから順当な選定ですが、中でも業界内で人気ナンバーワンなのが広瀬。しかし、映画の成績に関しては、ほか2人に少々差をつけられてしまったかもしれません」(芸能プロ関係者)

 土屋は、昨年12月公開の主演映画『orange‐オレンジ‐』が、公開初週に動員26万1,779人、興収3億1,177万8,900円を記録。興行成績ランキングでは堂々の初登場第1位を獲得し、世間にその存在を知らしめた。

「『ちはやふる』の内容やプロモーションの方向性、共演者など、さまざまな要因もありますが、ここまで期待がかかっていた作品が伸び悩んでいるとあっては、広瀬の評価にも直結してしまいそうです」(前出・スタッフ)

 出だしからつまずいてしまった『ちはやふる』だが、4月29日に公開予定の後編が、さらなる大惨事となってしまわないことを祈るばかりだ。

黒髪ボブじゃないと誰だかわからじゃない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー