芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

2016tihayahuru.jpg
『ちはやふる』公式サイトより

 19日に公開された広瀬すず主演映画『ちはやふる』が週末の興行成績ランキングで、動員14万6,299人、興収1億7,901万8,300円を記録し、初登場第4位でスタートを切った。公開スクリーン数は298という大規模公開で、ほかにもさまざまな好条件が揃った同作だが、関係者の期待に応える結果とはならなかったようだ。

 累計1,600万部突破の同名少女漫画が原作で、2011年、13年と2度アニメ化もされている『ちはやふる』。広瀬にとっては初の単独主演映画ということもあり、配給側はかなりの熱量を注ぎ込んでいたという。

「競技かるたに青春をかける高校生たちを描いた作品で、また広瀬のほかにも、野村周平や真剣佑など、若者に人気の俳優陣が出演しているため、10代の3~4人以上のグループ動員が見込まれていましたが、この結果は期待はずれというほかない。前後編の2部作ということからも、ヒットを見込んだ上で制作したことでしょうが、このまま動員が伸びなければ赤字も倍々ゲームという、悲惨な結果が待っています」(映画会社スタッフ)

 また、同週には有村架純がヒロイン役で出演する映画『僕だけがいない街』も公開され、こちらはスクリーン数329に対して動員16万9,500人、興収2億2,170万6,200円で、興行成績ランキング初登場第2位を記録した。

「現在の映画界では、ヒロイン役を考える際にいの一番に名前が上がるのが、広瀬と有村、そして土屋太鳳の3人です。いずれも存在感がある若手女優で、なにより視聴率や集客力など、数字を持っていることから順当な選定ですが、中でも業界内で人気ナンバーワンなのが広瀬。しかし、映画の成績に関しては、ほか2人に少々差をつけられてしまったかもしれません」(芸能プロ関係者)

 土屋は、昨年12月公開の主演映画『orange‐オレンジ‐』が、公開初週に動員26万1,779人、興収3億1,177万8,900円を記録。興行成績ランキングでは堂々の初登場第1位を獲得し、世間にその存在を知らしめた。

「『ちはやふる』の内容やプロモーションの方向性、共演者など、さまざまな要因もありますが、ここまで期待がかかっていた作品が伸び悩んでいるとあっては、広瀬の評価にも直結してしまいそうです」(前出・スタッフ)

 出だしからつまずいてしまった『ちはやふる』だが、4月29日に公開予定の後編が、さらなる大惨事となってしまわないことを祈るばかりだ。

『広瀬すずPHOTO BOOK「17才のすずぼん。」』 黒髪ボブじゃないと誰だかわからじゃない amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!