これは赤っ恥!

石井竜也、廊下まで声が漏れていた!? “不倫セックス”まで報じられ「ドン引き」と批判の嵐!!

2015ishiitatsuya.jpg
石井竜也公式サイトより

 米米CLUBのカールスモーキー石井こと石井竜也が、ファンの女性と不倫関係になっていたことを、17日発売の「女性セブン」(小学館)がスクープした。発売前日、同誌記事がネット上にアップされた途端に、石井本人は長文で謝罪の意を表明。即座の火消しを図ったが、ネット上では石井への“ドン引き”の声が止まないようだ。

 あびる優似の長身美女という20代女性は脚に「石井竜也」というタトゥーを入れるほどの熱狂的ファンだったという。さまざまなイベントに参加するうち、石井本人も彼女に惹かれ、スタッフに声をかけてもらい親交を深めるようになったという。今月11日には、宮城県で行われた被災地復興の法要に参加した後にも、2人は現地ホテルで密会していたという。

「ネット上で特に非難されているのは、『ふたりは翌日まで一歩も部屋を出ず、廊下に声が漏れるのもかまわずに、逢瀬を楽しんだ』という記述。不倫の証拠としては決定的な一文ですが、ここまで週刊誌記事でセックスを露骨に表現するのも珍しいだけに、波紋を呼んでいるようです」(スポーツ紙記者)

 ネットユーザーの反応を見ても、「そんなに大声出してたんだ……」「そんな安いホテル使ってたのかな?」「その声を廊下で聞いていた記者もゲス」などと、ドン引きしているようだ。

 また先月、石井はシルク・ドゥ・ソレイユ公演『ダイハツ トーテム』のオープニングイベントに妻と娘の3人で出演し、娘の成長について語るなど、父としての一面を見せていたが……。

「石井は謝罪文で『愛する妻・マリーザに対しては申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です』『娘・サリーナのことは、父親として、反省はもちろん、私の人生を賭けて、愛情と努力で守り抜く所存です』としていますが、特にまだ13歳のサリーナにとって、父親の不倫報道には相当なショックを受けているはず。『娘さんがかわいそう』と、サリーナを気遣う声がネット上に多数上がっています。石井は、昨年行われた活動30周年ライブに長女を出演させるなど、“家族売り”に力を入れていたようですが、当然今回の不倫スキャンダルによって、今後こういった仕事はなくなってしまうでしょうね」(同)

 不倫騒動に際して「みんな謝れって言うけど世間の誰に謝ればいいの」などとコメントしたゲスの極み乙女。・川谷絵音とは真逆の“スピード謝罪”を行った石井。家族が晒し者になってしまわないためにも、これ以上報道に尾ひれがついていかないことを祈りたい。

浪漫飛行へIn The Skyした結果がこれ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク