今期イチのパーティードラマが終わった

深田恭子『ダメ恋』、平均9.5%で終了! 「ディーンロス」「ダサカワ服」旋風も“2ケタ割れ”

1603_damekoiend_01.jpg
『ダメな私に恋してください』(TBS系)公式サイトより

 15日、深田恭子主演の連続ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)の最終話にあたる第10話が放送され、視聴率が10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回9.0%と1ケタスタートで、その後第5話まで8~9%台で推移していただが、第6話で10.1%と初の2ケタを獲得。続く第7話は9.6%、第8話が最高の10.3%、第9話9.7%と、後半若干視聴率が微増したが、全話平均視聴率は9.5%という2ケタ割れの結果になった。

「最終話ということで、ディーンフジオカ演じるドSの喫茶店マスター・黒沢歩が見られなくなることを悲しむ女性ファンが続出。『主任ロス』という言葉がTwitterのトレンドに入るなど、大きな話題を呼びました。これはNHKの連続テレビ小説『あさが来た』で、ディーン演じる五代友厚が死去した際の『五代ロス』に続く、2度目の“ディーンロス”。現在ディーンがどれほど人気なのかがわかる出来事ですね」(芸能ライター)

 「ショックで会社に行けない」「これから何を希望に生きればいいの?」と、ファンが嘆くなど、ちょっとした社会現象を引き起こした「五代ロス」。そのため、傷心のディーンファンが『ダメ恋』に流れることが予想されていたものの、視聴率は1ケタのまま。その後2ケタを記録したが、世間のブームに数字が追いついていない印象だった。

「『ダメ恋』は深キョンの再ブレークにも貢献しました。深キョン演じる柴田ミチコは、30歳独身の貢ぎ体質というダメ女で、服装もちょっとダサい。そんなところが男性視聴者はもちろん、女性視聴者からも『可愛い!』『ダメ恋は深キョンの可愛さを見るためのドラマ』と大絶賛されていました」(同)

 ドラマで深田が身につけていた洋服やイヤリングなども、飛ぶように売れているようで、ネットでは深田の衣装がまとめられたサイトも登場。すぐに売り切れになってしまうアイテムもあるという。

「ディーン人気、深キョンの再ブレーク、ダサカワ服の流行など、多くの話題を提供してくれた『ダメ恋』ですが、視聴率低迷の原因の1つは、『深キョンがダメ女に見えなかったから』だといわれています。確かに、深キョンの服装をみんなが欲しがるほど、視聴者の女性からあこがれを持たれているわけですし、ダメ女とは正反対ですよね。また、“胸きゅん”シーン盛りだくさんのラブコメというのが、視聴者層をかなり限定してしまったのかもしれません」(同)

 「人気だけど、数字は持ってない」といわれかねない状況の深田とディーン。次のドラマではぜひ高視聴率を獲得してもらいたいところだが……。

ディーンにハマれず、時代に置いて行かれる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!