好感度が高すぎるカップル誕生

TENGA社長と熱愛に祝福殺到! たんぽぽ・川村エミコ、モラハラ&貢がせ男ら暗黒の男遍歴

1603_kawamura_01.jpg
川村エミコオフィシャルブログより

 14日発売の「週刊ポスト」(小学館)が、お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコと、成人用玩具メーカーTENGA社長・松本光一氏が交際していることを報じた。2人は昨年、知人の紹介をきっかけに知り合い、交際に発展したそうで、驚きのカップル誕生にネット上では「こりゃめでたい!」「想像の斜め上をいくカップル」「期待を裏切らない」など、祝福の声が上がっている。

「事務所も交際報道を否定していませんので、まず事実で間違いないでしょう。日頃から『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)などで体を張ってきた川村の交際報道には『芸人としても最高においしい!』といった声はもちろん、『うまくいくといいね』『幸せになってほしい』といった祝福も多く寄せられるなど、非常に好感度の高いカップルの誕生となりました。また、川村はこけし好きで有名ですが、こけしとTENGAが似た形であることを指摘し、『さすがこけしコレクター!』なんて声も上がっています」(芸能誌ライター)

 川村は世間からの好感度も高く、松本社長もまた、TENGAに並々ならぬ熱意を注ぐ姿勢が、全国の男性の支持を受け、リスペクトのまなざしを向けられている。

「川村が今回の交際報道を祝福される理由は、彼女が明かした過去の恋愛事情にもあります。まず、4年間付き合い同棲までしていた一般人の彼氏からは、『お前みたいな女を彼女なんて友達に紹介できるか!』『ブス!』『土偶みたいな顔してるな』とクソミソに言われるなど、モラハラを受けていたそう。そして2012年3月頃から交際をスタートさせた役者の彼も、『川村の給料日の日だけ優しい』問題児で、散々貢がされたとか。また川村はこのほかにも、カメラマンに遊ばれた経験を告白していて、なんでもその男性は行為の最中も、川村自身ではなく、はいているパンツを褒めるという謎の男だったといいます。川村はこういったダメ男エピソードを笑いのネタにしていましたが、実際に男女交際にはなかなか奥手だったようですよ」(同)

 川村は破局後、ダイエットサポート飲料の企画で本格的な減量をスタート。体重は69.1キロから53.5キロに、ウエストも86.2センチから63.0センチになり、見違えるようなプロポーションに変貌して、世間を騒がせた。

「もともと巨乳で脚も長いといわれる川村は、ダイエットでモデルのような抜群のスタイルを得ることができました。そういった苦労をしての熱愛報道だったのも、祝福が多い理由かもしれませんね。ちなみにTENGAは、日本だけでなく世界各国で販売され、同社の年商は22億円ともいわれています。現在、松本氏が48歳、川村が36歳だけに結婚も考えられますが、となると川村はかなりビッグな玉の輿に乗ることになりますね」(同)

 このまま順調にゴールインして、過去の男たちを見返すことができるのか? 温かく見守っていきたい。

ギラついたこけしって感じだよね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー