【うわさの会見場】

「前代未聞の爆音BGM」竹野内豊、窪田正孝、野村周平“熱愛質問封じ”に記者ブーイング

2016unocm.jpg
限界までスタイリッシュにした水戸黄門風

 9日に行われた資生堂の男性化粧品ブランド「UNO」の新CM発表会に、竹野内豊、窪田正孝、野村周平のイケメン俳優トリオが集結した。3人の共通点といえば、直近でそれぞれ人気女性タレントとの交際を報じられていること。現場には多数のマスコミが取材に訪れたという。

 竹野内のお相手は、熱愛報道を自らも認めており、結婚間近ともいわれている女優の倉科カナ。また、窪田は昨年秋に多部未華子との交際を女性誌に報じられており、野村も同時期にモデル・水原希子とのデート報道が出ている。

「現場では、各事務所のマネジャーがそろってピリピリムードを醸し出していました。一方取材陣としては、旬の俳優それぞれから恋愛の話が聞けるかもと、事前に各所属事務所に、プライベートに関する質問をしていいか、確認の連絡を入れた社まであったようです。板挟みになってしまった主催者側は、相当ヒヤヒヤしていたと思いますよ」(スポーツ紙記者)

 しかし、期待を膨らませて現場を訪れたマスコミを裏切るように、会場は事務所関係者や主催者側がにらみを利かせ続ける、“厳戒態勢”となっていた。

「トーク後には囲み取材がなかったため、報道陣は写真撮影の最中に3人から何とかコメントを引き出そうと、マイクやボイスレコーダーを彼らに近付けようとしたのですが、主催者側から『マイクは見せないでください!』と注意が入りました。さらに去り際には、会場のBGMをこれでもかというほどの爆音で流し、質問をかき消したんです。今までにないくらいとてつもない大きさで、スピーカーの近くにいた報道陣は度肝を抜かれていました」(同)

 こうした結果、マスコミからは何も質問を投げかけないまま、イベントは終了したという。大音量での質問封じは「昨年、米倉涼子の会見でも話題になったものですが、そこまでするなら記者は呼ばず、内々の会で済ませればいいのに」(同)というブーイングも少なくない。交際を認めている竹野内以外の若手2人にとっては、女性関係が人気低下につながる可能性もあるので神経質になっているのかもしれないが、彼らが自らの恋愛事情について語る日は訪れるのだろうか?

オヨネの「大音量BGM」の功績はでかすぎる……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム