セックス向きor不向きの寝具たち~お金で解決できる快感増加術~

 セックスをする際には愛撫や挿入などの行為だけでなく、五感からの刺激が満足度を大きく左右するのではないでしょうか。セックスそのものの気持ちよさがイマイチだったとしても、相手男性の声がセクシーだったりすると、ふと漏れた声や言葉責めが心地よく感じられたり、体臭が好みだった場合はクンクンすることで興奮度が上がったり。

 そんなふうに五感でセックスを楽しむ時には、触覚にかかわる「寝具」も重要だと思います。お風呂など寝室以外でセックスする際には関係ありませんが、寝具ひとつでセックスが充実したり、その逆もあるものです。

 たとえば、シーツや毛布の素材。肌触りの良いものだと、素肌でそれに触れるだけでも心地よく、くるまっているだけでも満たされたりしますよね。セックスを終えて服を着るのが惜しくなり、長時間セックス&イチャイチャが楽しめそうです。気持ちいいシーツと気持ちいい愛撫がコラボしたらまさに至福の時。夏ならサラサラのガーゼ素材のシーツ、冬なら暖かいベロアや毛布素材のシーツがオススメです。

 また、寝具は心地よさだけでなく集中度に影響することもあります。たまにピストン運動のたびにギシギシするベッドがありますが、あの音ってすごく耳障りではないですか? もしホテルのベッドがそれだったら、隣の部屋まで聞こえてるんじゃないかと不安になります。

 フローリングにマットレスを直に敷いてベッド代わりにしている人もいますが、こちらは一挙一動のたびに動きがち。結果、セックスどころではなくなり「このままマットレスごと別の部屋まで移動してしまうのでは……?」などと妙なことを考える原因になります。それと、ウォーターベッドも手をついたり膝をつくとやたらと沈んだりして、ポジションが定まりません。慣れれば平気なんでしょうか。あとは、フローリング+布団も、布団の種類や厚みによってはフローリングの固さがダイレクトに伝わってきてセックスに不向きです。やはり布団は畳あってのものなのかもしれません。いずれにせよ、寝具の安定感は必須です。

 それと、一人暮らしの方はシングル用のベッドや布団を愛用していることが多いかもしれませんが、実際のところ、そこでセックスしてそのままパートナーと2人で寝るのって狭くないですか? 「セックスのために買い換えろ!」とまでは言いませんが、今後ベッドの買い替えを検討していて、自宅でセックスする機会が多い人、なおかつスペースに余裕がある場合は、セミダブル以上のサイズを考えてみるのもいいと思います。シングルベッドだと、相手または自分がベッドから落ちないように気を遣わなければならない場面が少なからずありますが、セミダブルだとそうしたことが格段に減ります。体位チェンジも楽々です。ひとりで眠る時にも広々としているほうがリラックスできますし、ちょっと奮発するだけでセックスと日々の睡眠、両方の快適さが変わってきます。

 「どうせ寝るだけだし」と見直すタイミングを逃しがちな寝具ですが、少しの工夫でセックスのクオリティーが上がることも。テクを磨くのには時間がかかるかもしれませんが、寝具を変えるだけならお金で解決できますよ!

■Lollipop-Rumiko/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!