AKB名義で出す意味ナシでは

AKB48『君はメロディー』、初日ミリオン突破も批判の嵐!「史上最強のドーピング」の声

2016kimimelo.jpg
「君はメロディー Type A」/キングレコード

 9日発売のAKB48最新シングル「君はメロディー」が、初日売り上げ1,13万3,179枚(オリコン調べ)で早くもミリオンを突破した。かねてから人気凋落がささやかれるAKBだけに、10周年記念シングルの“商法”については、「史上最強のドーピング」と批判されているようだ。

 HKT48・宮脇咲良がセンターを務める「君はメロディー」は、前田敦子や大島優子らOGメンバーの参加が話題に。さらにカップリング「混ざり合うもの」は、“乃木坂AKB”名義でのコラボが実現している。デビュー10周年記念シングルだけに、運営サイドの気合もこれまで以上のものがあるが、企画以上に注目を集めているのが、CDの購入特典だという。

「恒例の握手会やサイン会の参加券は当然として、話題になっているのはメンバーの生写真。指原莉乃や島崎遥香ら現役生、前田や篠田麻里子らOG、さらに白石麻衣や生田絵梨花ら乃木坂メンバーの生写真もランダム封入されるとあって、大量購入を煽るものとなっています。さらに、一昨年に開催されて“伝説”と言われる大規模イベント『AKB48グループ夏祭り』への参加券が含まれるバージョンもあることから、ファンからは呆れ気味の声が上がっています」(スポーツ紙記者)

 過去最大級の特典商法の展開には、やはり運営サイドの“焦り”が隠されているようだ。

「グループリーダー・高橋みなみの卒業シングルとなった前作『唇にBe My Baby』は、ブレーク後初めて初週売り上げがミリオンを突破せず、ファンのみならず経営陣も相当な苛立ちを見せていました。そこで、グループのシングルCD総売り上げが、国内最高だったB’zの3580.9万枚を超えたというデータを何とか掘り出し、それをアピールするかのごとくメディアに一斉リリースしました」(同)

 もはやAKBに当初の勢いはなく、ファンの絶対数は乃木坂に抜かれたことも定説になっているが、それを覆い隠すためにも今回の“初日ミリオン”は必須条件となっていたようだ。

「OGや乃木坂の参戦という“切り札”まで使っているだけに、今回の数字には一安心といったところ。今後も、こうしたドーピング企画は定期的に行われることとなるでしょうね」(同)

 手を変え品を変えのドーピングに、果たしてファンはどこまで着いて行くのだろうか。

史上最強に軽いミリオンの意味……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!