[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」4月号

男ウケ服に、男性読者が「正解すぎてびっくり」! 今月も謎の宴会芸を繰り広げる「CLASSY.」

classy1604.jpg
「CLASSY.」2016年4月号(光文社)

 今月号の「CLASSY.」(光文社)、特集は「これからは『モテるベーシック』の時代です!」。久々に特集に「モテ」の二文字が闖入してきました。中身は後ほど見るとして、まずは「結婚するまで着てた服、結婚してから着てる服」というページを見てみましょう。

 既婚の「関西オシャレ読者」3人が、「結婚して着る服変わった~」と語る座談会……という名の全編おノロケ大会。「私は彼が『可愛いね』って褒めてくれるのがオシャレの原動力だったから、彼好みのとにかくベーシックなワンピースが多かった気がする」「結婚してから、どんどんカジュアルな服装になっていったら(中略)『嫁さんめっちゃ丸くなったな!』って言われた旦那さんが喜んでて…。やっぱり近寄りがたいより、親しみやすいお嫁さんでいたいって思ってん」「旦那さんという絶対的に信頼できる人ができたから、安心して人のためのオシャレを楽しめるようになったな」

 モテの向こう側にある(エエ男との)結婚。そして結婚によって自分のファッションが変えられることこそ“幸せの証し”だと語る関西オシャレ読者。「CLASSY.」が根源的に抱えている“誰か私を変えてください”願望は、こうしていとも簡単に「結婚」と結びついていくのですね……。

<トピックス>
◎結婚するまで着てた服、結婚してから着てる服
◎特集 これからは「モテるベーシック」の時代です!
◎“No.1にならなくていい”は本当だった

■ファッションも男性の意見も、なんの新しさもない……

 今月号の特集は、「以前から、薄々勘づいてはいたんじゃないですか?」という煽りから始まります。「そう、今ここで私たちはきちんと向き合うべきです。『行きすぎたトレンドはモテない』という事実に」。え? ええ? トレンドトレンドこなれこなれ言ってたのは「CLASSY.」さん、あなたじゃないですか! キャッチにも「トレンドを追えば追うほど男のコにホメられなくなる!?」という文字が。

 みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか、2015年12月号の着回し企画「男ウケ服だけで11月の着回しDiary」を。トレンドもこなれも個性も一切無視して、徹底的に「モテ」だけにこだわったこの企画。主人公さとみが道を歩けば男性に告られまくるという、フザけた……いや夢のようなストーリーでした。結局は10代の頃に両思いだった同級生の男のコといい感じになり、最後は「To Be Continued」で終わっていたような。あの迷作の続編が満を持して登場しています。題して「続・男ウケ服だけで3月の着回しDiary」。

押切もえ的な一番手女子に肩入れしちゃうのが、サイ女読者の性……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!