[官能小説レビュー]

渋谷の街中で性器露出、女装プレイも――『水を抱く』の過激シーンが切ないワケ

mizuwodaku.jpg
『水を抱く』(新潮社)

 女がセックスをする理由は、ある意味2つある。1つは「生きる」ためのセックスだ。愛する男に抱かれて幸せな気持ちになったり、男に奉仕され、こちらも奉仕することで喜びを分け合う。あるいは行きずりの男と純粋にセックスだけを楽しみ、明日を生きる糧にする人もいるだろう。

 そしてもう1つは「死ぬ」ためのセックスである。恋人と別れたとき、どうしようもなく自暴自棄になっているとき――自分の中に潜む“負の部分”を抉り出すように、どうしようもない男とどうしようもないセックスをしたくなる。自殺願望にも似た感情が生まれ、体がバラバラになりそうなほどに弄ばれたくなるのだ。

 しかし、死とセックスを同時に渇望する女性には、「ボロボロになりたい」と思いながらも、どこか「希望を見いだしたい」という、対照的な思いを感じてしまう。

 今回ご紹介する『水を抱く』(新潮社)は、いやらしくも純愛が描かれている長編小説である。主人公の伊藤俊也は29歳の医療機器メーカーで営業職に就いている。結婚を考えている彼女の心が、自分から離れていることを直感した俊也は、とある人生相談サイトを利用する。そこで「ナギ」という年上の女性と知り合い意気投合、彼女に頬を舐められたことをきっかけに、2人は奇妙な「恋人同士」の関係へと発展する。

 背が低く、いつも黒い服だけを身にまとい、声をかけられれば誰とでも寝る奔放な女・ナギは、まるで幻のように俊也の前に現れては消えてしまう。携帯の番号とメールアドレスしか知らない彼女との交際は、今まで俊也が経験してきたものとはかけ離れていた。渋谷の真ん中で性器を露出、また女装をするよう強制されたり、いやらしい写真を送りつけられたり、秘密クラブでスワッピングまがいのことをしたり――それは「挿れない」行為ばかりで、ナギは決して俊也自身を受け入れようとしない。俊也は「ひとつになりたい」と懇願するが、ナギはまるで挿入することが「禁忌」であるかのように、「私と寝ると死ぬ」と断固として拒絶するのだ。これまで経験したことのない交際に翻弄される俊也――ナギとのプレイが好きなのか、それともナギ自身が好きなのか、彼自身もわからずにいた。

 そんなある日、俊也の自宅マンションに、「その女は死神だ」と書かれた一通の手紙が届く。手紙の送り主である見えないストーカーに怯えつつも、ナギに惹かれることは止められない。俊也はストーカーの存在をナギに伝え、その後も奇妙な交際を続ける。

 そんな中、俊也は上司から、医師である島波のクリニックとの契約を取り付けろと命令される。数回の商談のうちに、次第に島波と親しくなっていったが、彼は俊也の「心の闇」、すなわちナギとの異常な行為で目覚めた性癖に気づき始めていた――。

 真っ黒い服に身を包み、笑顔で過激なプレイを楽しむナギ。そんな性に奔放な彼女は、自ら進んで何らかの罰を受けているように感じた。ラストシーンで、彼女の秘密が明らかになるのだが、それを読むと、ナギの抱いている深い闇に対し、俊也は一筋の光だったことに気づく。その対比に強く心を打たれてしまった。

 ナギだけではなく、ある程度歳を重ねた女性は、知られたくない秘密の1つくらいは抱えている。しかし、男はそういった女の闇の部分を軽く考えがちで、曇った表情や、暗い文面のメールを送ると、すぐに「どうしたの?」と尋ねてくるが、それに100%の本心を打ち明けられる女は少ないように思う。自分の中にある闇を知ってほしいと思いながらも、男を巻き込ませたくないのかもしれない。

 「自分といるといけない」と感じたとき、自分よりも先に男を守る女と、皮肉なことに、最終的に自分自身を守る男。男は弱いと知りつつも、「守ってほしい」と微かな希望を抱いてしまう――そんな女の葛藤を感じられる1冊である。
(いしいのりえ)

石田衣良センセイ、アナタどんな恋愛してきたのよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー