月9の歴史に名を刻む!?

有村架純、『いつ恋』月9ワースト更新は死活問題!? 「連ドラ主演干される」最悪の未来予想図

1601_itsukakonokoi_01.jpg
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)公式サイトより

 最終回まで残り2話となった月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)だが、ここで巻き返しを図ることに成功しなければ、“月9ワースト視聴率”を更新してしまうこととなる。連ドラ初主演となる有村架純に関しては、今後の活動に大きな影響が出てしまう可能性もあるというが……。

 初回から11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低空スタートとなった『いつ恋』は、その後、第6話で10.7%を記録して以降、1ケタ台を継続。最新話分を含めた全話平均視聴率は9.8%と、歴代ワーストの数字を下回っている。

「現在、月9ワースト視聴率は、2014年の尾野真千子主演『極悪がんぼ』の9.9%。『いつ恋』は残り2話ともに10.8%以上獲らないと、9.9%を下回り、ワースト更新となってしまいます」(スポーツ紙記者)

 初の連ドラ主演にして月9ワースト更新が現実化すると、「有村の今後のオファーさえ左右しかねない。連ドラ主演を干されることもあり得る」(芸能プロ関係者)という。

「作品自体の評価は決して悪くなく、業界関係者からは、脚本や有村をはじめとする若手俳優たちの演技を絶賛する声が出ていますが、やはり制作費用に直結する視聴率にも、一定の水準は求められます。高良健吾がW主演を務めていますが、キャスト表や台本を見ても、有村の名前が先にあることから、実質的には“相手役”のポジション。活動の場の中心映画ですし、有村ほどの打撃は受けないでしょう」(同)

 実際に、『極悪がんぼ』に主演した尾野も、その後、連ドラに出演することはなくなっている。さらに、連ドラ主演については“業界慣例”として、こんな裏ルールが存在するという。

「主演した連続ドラマが低視聴率だったとしても、一度であれば“不運”と見逃される場合もあります。問題なのは、2作続けて“大爆死”となると、スポンサーどころかテレビ局からも“数字を持っていない役者”と認識されてしまうため、その後のオファーが途絶えてしまうのです。映画の興行収入で実績を挙げ、現在各方面からオファーが絶えない有村だけに、また連ドラ主演のチャンスは回ってくるかもしれませんが、今後本人や事務所サイドは『確実に数字が獲れる作品』に執着するでしょう」(同)

 まだ『いつ恋』の最終結果は出ていないものの、月9での連ドラ主演デビューに関しては「有村サイドが人気を過信した」(同)という声も。果たして有村は、この逆風に打ち勝つことができるのだろうか?

サイ女的には、永遠に「岡本圭人と流出した女」

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

有村架純、『いつ恋』月9ワースト更新は死活問題!? 「連ドラ主演干される」最悪の未来予想図のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 有村架純・芸能ウラ情報・高良健吾のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 愛子さまの“激やせ”写真の波紋
  2. 小野賢章、天狗発言で悪評噴出!?
  3. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  4. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  5. 月9視聴率5%招いた3つの要因
  6. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  9. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  10. 『べっぴんさん』最恐キャラ登場
  11. 親の七光りだと思う若手二世タレント
  12. 櫻井ファンを疑心暗鬼にさせた、小川アナの1枚の写真
  13. テレ朝を剛力彩芽が起用し続けるワケ
  14. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  15. 堀北真希、引退劇の唯一の汚点
  16. 堀北真希“引退会見”を拒否してた!?
  17. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  18. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  19. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  2. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  3. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  4. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  5. 嵐・櫻井翔、結婚はない?

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 東村『ヒモザイル』炎上3つの理由
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る

海外ゴシップの人気記事

  1. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  2. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  3. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  4. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  5. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!