仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

釈由美子、愛犬の死を通して「強くなる」宣言も……彼女を「弱い人間」と思わないワケ

syakuyumiko201603.jpg
「妖精が見える」で芸能界を生き抜いた女

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「本当に強くなって」釈由美子
(釈由美子オフィシャルブログ、3月4日)

 ドラマや映画などの出演作品や、結婚というプライベートのニュースより、最近、釈由美子が話題になるのは“落ち込みブログ”である。

 2014年に「人間不信になりそう」「これまで味わったことのないショックで、壊れてしまうんじゃないか」「ギリギリ自分を保っている」「部屋に帰ってから、獣のように泣いてしまった」と、詳細について言及しないものの、対人トラブルを匂わせる文章を掲載し、話題を呼んだ。

 また同年に、愛犬さくらを3カ月半で突然亡くしたときには、「さくらなんて華の命が短い名前をつけちゃったからいけないのかな」「私のうちに来なければ、もっと幸せに長生きできたかもしれない」と、深い悲しみを、自責の念を交えてつづった。

 さらに今月の頭に、詳細は語らず「私にとって、一番耐えられないことが起きまして」「筆舌に尽くしがたい悲しみに襲われています」と再び落ち込みを披露。釈の挙式が間近なことから、世間では夫の浮気が疑われたが、本人が後日明かしたところによると、愛犬こころが夫の日本酒を誤飲してしまい、その結果亡くなってしまったと説明した。相次いで愛犬を亡くした釈は「もう犬を飼う資格はない」「十字架を背負って生きていく」と、またしても自責傾向の強い反省をつづっている。

 釈はかつて『オーラの泉』(テレビ朝日系)で、「鏡を見ることが怖い」と醜形恐怖症とも言えるコンプレックスを告白、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で三つ峠に登った際は、「私を守ってくれている妖精が喜んでいる」、山頂から富士山を眺めて「富士さま~」と叫んで泣き出し、司会の有吉弘行に「ヤバい人だね」とバッサリ切り捨てられていた。そのため、釈に「メンタルが弱くて不安定な人」というイメージを持つ人も多いだろう。

 釈のブログを読んでいると、凹んだ、傷ついたという記述は多く、落ち込みやすい性格であることは間違いない。現在妊娠中の釈は、「お腹の赤ちゃんのためにも本当に強くなって」とブログに書いているが、私には釈が弱いとは思えないのだ。なぜなら、釈の立ち直りは結構早いからだ。

ブログタイトル「本日も余裕しゃくしゃく」に強さがにじみ出てる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!