清原を捨てた日

清原亜希、改名をめぐるウラ事情と“異様”だった元夫婦の関係性

2016akiblog.jpg
亜希オフィシャルブログより

 清原和博の元妻・清原亜希が、自身がプロデュースするファッションブランドのホームページ上で「今回の発売スタートに合わせて、モデル名を『清原亜希』から『亜希』に変更することになりました」と改名を発表した。昨年9月の離婚後も“清原”を外さなかったことから、「いつまで清原ブランドにすがり続けるのか」と言われてきた亜希だったが、このタイミングでの改名は何を物語っているのだろうか?

 2000年に結婚した当時は無名タレントだったが、出産後に雑誌モデルとして復帰すると、主婦層からの支持により、たちまち人気モデルになった亜希。突然のブレークの原因は、“清原姓”によるところが大きいとされてきた。

「実のところ亜希は離婚直後から、改名するタイミングを模索していたんです。一度は発表直前までこぎ着けたこともありましたが、そのタイミングで清原の逮捕情報が出回ったため、『今改名しては、余計印象が悪い』と周囲からストップがかかったそうです」(週刊誌記者)

 そして2月に清原が逮捕され、再逮捕、起訴と報道が一段落したこのタイミングで、ようやく“清原姓”を外すことに相成ったという。

「清原の逮捕時にも、『たくさんの方々にご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます』とコメントするなど、離婚後も両者の結びつきは強いものとみられていましたが、実際は、改名のタイミングを虎視眈々と見計らっていただけ。今回の改名は、“清原姓”のイメージの悪さを懸念するスポンサーへの配慮も関係しているのかもしれませんね」(同)

 過去には、清原が海外旅行にホステスを同行させたという報道や、「清原は亜希を殺すため斧と出刃包丁を購入していた」といった衝撃の週刊誌記事も出ているが、伴侶に頼りきりだったのは亜希の方ではなく、夫の清原の方だという説も。

「薬物疑惑が公になる少し前ですが、ある番組で清原のVTRを撮影することがありました。すると、清原とともに現れたのはマネジャーや関係者ではなく、亜希だったんです。亜希は常に清原の目が届く場所にいて、打ち合わせからずっと同席。清原は、撮影のストップがかかるたびに亜希に『これで大丈夫かな』と聞くなど、頼りきりでした。亭主関白なイメージだったため、撮影後はスタッフ一同、夫婦の関係性に衝撃を受けたものです」(テレビ局関係者)

“清原性”のイメージの悪さに加え、バッシング報道から逃れるべく、亜希は2人の息子とともに海外へ移住するとの報道もある。今後、清原が保釈される際には、身元引受人の選定が懸念されているが、亜希が請け負う可能性は非常に薄いようだ。亜希から縁を切られた清原は、果たして今後どこへ向かうのか?

お母さんと坊っちゃんだったのかも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー