リピート率8割以上! ポッコリおなかを自然に解消する老舗薬局の秘薬とは?

rhythmherb3.jpg
Photo by Beth Phillips from Flickr

 先日、電車に乗っていたら、妊娠していないのに席を譲っていただきました。いたわるような優しい笑顔が、心に突き刺さるようです。そう、このおなかポッコリは妊娠ではなく、出たり出なかったり、気まぐれな「便」のせいなのです。

■おなかポッコリを解消したい、なるべく自然に

 人の善意を無駄にする、このおなかポッコリ。肌荒れの原因になったり、職場でもトイレの占有時間が長いなど、何かと支障をきたしています。内側からキレイになる「インナービューティ」が流行の今、健康的に体質改善したい。しかしこれまで、食生活の改善や便秘体操を試してみても、忙しい毎日の中で、結局いつもと同じ状態に。なるべく自然で快適なお通じライフを送りたい! とネットを探って、たどりついたのが「リズムハーブS」という便秘薬でした。

■食物繊維の穏やかな効き目でどっさり出す

rhythmherb2.jpg

 開発したのは、漢方を中心に89年の実績をもつ仁川薬局。「リズムハーブS」に含まれる「サイリウム・ハスク」は、プランダゴ・オバタという種類の最高級のオオバコの種皮から採取した良質の食物繊維。この食物繊維の力によって便を柔らかくし、自然に近い便通へと導きます。植物から生まれた非刺激性便秘薬だから、腹痛や下痢が起きにくい穏やかな効き目で、副作用もほとんどありません。

■飲みやすいからリピート率81.9%!

rhythmherb1.jpg

 飲み方は簡単。1回1包を、朝と夜にコップ1杯の水と一緒に飲むだけ。さらに「漢方の薬局が開発した便秘薬じゃ、飲みにくいんじゃ……」というご心配はご無用。発売後わずか6カ月で「2014年モンドセレクション最高金賞」を受賞しているんです。飲みやすく穏やかな効き目だから続けられ、定期購入の初回購入者の81.9%が再購入(=継続購入)しているんです(2015年1月1日〜2016年1月26日自社調べ)。継続して使用することにより、便秘を体質から改善するため、肌あれや吹出物、おなかのトラブルの予防にもなるとか。

■89年の実績がある「仁川薬局」プロデュース

 開発元の「仁川薬局」は、全国実力薬局100選を受賞し、経済産業省の経営革新計画承認企業でもあります。製品はいずれも「ISO9001認証」を取得している、医薬品及び医薬部外品の厳しい基準に準拠した工場で製造。

 入門しやすい「おなかスッキリ3日間お試しセット」や、その実力を確かめることができる「15日間じっくりお試し効果実感セット」も選べ、ダイエットが気になる人には、朝と夜の「リズムハーブS」と1日1食の置き換えができる「酵素スムージー」が一緒になったセットも。「リズムハーブS」で、内側からキレイになっちゃおう。

リズムハーブS

※この記事はPR記事です

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに