「最もキャスティングしたい俳優」だけど……

ディーン・フジオカ、“右腕タトゥー”は死活問題!? 「一発屋俳優」になりそうな3つの理由

damenawatasi.jpg
『ダメな私に恋してください』(TBS系)公式サイトより

 現在制作陣の間で「最もキャスティングしたい俳優」と称されているというディーン・フジオカ。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレークしたイケメン俳優、また深田恭子主演『ダメな私に恋してください』(TBS系)を視聴率2ケタに引き上げた立役者として注目を集めているが、一部業界関係者の間からは「賞味期限も早そう」「一発屋の可能性も」との声も聞こえてくるという。

 とある芸能プロ関係者は、「ディーンが早々に消えそうな理由は3つある」と語るが、まず挙げられるのは、ディーンの役者としてのポテンシャルだという。

「『あさが来た』の五代友厚役は完全にハマり役でしたが、だからといって、それ以外の役を見てみたい役者かどうかは、微妙なところ。『ダメ恋』にしても、視聴率は初回1ケタから第6話で10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)にアップし、微増傾向ではあるものの、トップ人気の俳優が出演しているという程の数字ではありません」(芸能プロ関係者)

 女性主人公の連ドラの場合、「視聴率の行方は相手役の俳優にかかっているというのが、業界内での定説なんですが、ディーンの場合、視聴率が好調だったのはあくまで朝ドラだけ。彼自身がそこまで数字を持っているのかも疑問です」(同)という。

 そして現在、ディーンは番宣のため情報番組やバラエティ、女性誌のインタビューなど、とにかく露出を続けている。

「この露出過多はあまりいい傾向とは言えません。芸人と同じで、俳優にも出し惜しみは必要な要素。結果的にメディア側がすぐに飽きてしまい、熱心なファン以外は、自然と離れていってしまいます」(別の芸能プロマネジャー)

 そしてこれらの要素に加えて、かねてから話題になっている“右腕のタトゥー”も、問題視されているという。

「やはり日本の文化からすると、タレントがタトゥーを披露するのはギリギリNGライン。映画は比較的ゆるいのですが、広告が絡むテレビでは、タトゥーが映しだされることはNGで、場合によってはタトゥーを入れているだけで、出演自体が難しくなるケースもあります。ディーンの場合は、長袖を着ていれば見えることはないですが、上半身裸や半袖がNGとなると、使いどころも限られてくる。今の人気が収まれば、キャスティングリストから『使いづらい』という理由で消えてしまうでしょう」(制作会社スタッフ)

 各人ともディーンの行く末には悲観的だが、果たして今後、これらの不評を吹き飛ばすほどの活躍を見せてくれるのだろうか?

「ジャカルタの虎」と呼ばれてるディーンの嫁の方が売れそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  16. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  17. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに