[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP・草なぎ剛『スペシャリスト』、10.9%で最低更新! なぜか『相棒』ファンが悲鳴のワケ

2016specialist.jpg
『スペシャリスト』(テレビ朝日系)公式サイトより

 SMAP・草なぎ剛が主演を務める連続ドラマ『スペシャリスト』(テレビ朝日系)の第8話が3月3日に放送され、視聴率は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回は“SMAP解散騒動”の影響か、17.1%というロケットスタートを切った同作だが、第8話目にして2ケタギリギリの最低記録を更新してしまった。

 2013年5月にスペシャルドラマが放送された『スペシャリスト』は4作のSPドラマを経て、連ドラに昇格。初回放送は、SMAPの解散報道から一夜明けた14日で、世間の注目を集めていたことも功を奏したのか、視聴率は今期の冬ドラマ(午後8~10時台、民放5局)の中で1位に輝いた。しかし、翌週の第2話は12.5%に大幅ダウン。第3話では14.1%に盛り返したが、以後は11~12%台を推移していた。

「第7話の11.5%が最低でしたが、第8話はそれを下回り、過去最低記録に。敗因としては、テレビ東京で午後8時4分から9時54分まで放送されていた『世界卓球2016 女子団体・日本×ドイツ』が12.1%と、高数字をマークしていたことが挙げられます。また、同時間帯の『秘密のケンミンSHOW』も12.8%と、裏番組が強かったんです。しかし『スペシャリスト』は、前番組『科捜研の女』(10.4%)と、後番組『報道ステーション』(10.2%)を上回っていました。今後の展開次第で、数字が上昇する可能性は十分あるでしょうね」(芸能ライター)

 そんな『スペシャリスト』だが、第8話で連続殺人事件が怒涛の展開を迎え、視聴者からは「1時間ゾクゾクしっぱなし」「見る側をこんなにドキドキさせてくれるドラマ久しぶり」「どんどん引き込まれる。草なぎさんの演技もいいけど、脚本も素晴らしい」と、絶賛の声が続出。さらに、テレ朝系の看板ドラマ『相棒』を引き合いに「スペシャリスト、相棒より面白い」というコメントも見受けられる。

「『スペシャリスト』の第8話を担当した戸田山雅司氏は、『相棒』シリーズの脚本にも参加していた人気の脚本家。最近は『相棒』から離れてしまっており、『相棒』ファンからは『戸田山さん、相棒に戻ってきて』という声も上がっています。しかし『相棒が面白くなくなった分を、スペシャリストがカバーしてる気がする』とも言われるほど、『スペシャリスト』の脚本は高評価を得ています」(同)

 物語は佳境に入ったものの、1ケタ目前の数字となってしまった『スペシャリスト』。最終話に向けて勢いを取り戻せるだろうか?

水谷豊のスタッフへの当たりがきつくなりそうな1本

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー