写真を削除しないことで漂うビジネス臭

ベラ・ソーンが「フェイクよ」とインスタに写真を投稿した毛皮が本物だと判明し、大炎上!

Zendaya-Bella01.jpg
発情期に入ってきたベラ(右)

 大手ブランドのキッズモデルや子役を経て、2010年に米ディズニー・チャンネルの大人気青春ドラマ『シェキラ!』の主役に抜てきされたベラ・ソーン。演じたのは「はちゃめちゃなことをするおてんば娘」役だったが、美形で清楚な雰囲気が幅広い年代に受け、ディズニー・チャンネル卒業後も国民的若手女優と呼ばれるようになった。

 そんなベラは、ここ1年ほどワークアウトにはまっており、体作りに余念のない生活を送っている。インスタグラムには引き締まった体を披露するセクシー写真がたくさん投稿されており、18歳とは思えないほど成熟したボディに、男性ファンは大喜びしている。しかし、大人っぽい路線に転向してからというもの、彼女を嫌うアンチが増加。というのも、彼女は恋愛体質であるため、男性アイドルやセレブと休む間もなく立て続けに交際し、彼らのファンを敵に回しているのだ。

 そんなベラが3月1日、インスタグラムに胸元が大きく開いた黒のカットソーに、ゴージャスな毛皮のミニコートを羽織った写真を投稿。「おてんば娘が、スウェットとスニーカーを脱ぎ、ブーツとファーを身にまとったとき(親愛なるネット荒らしさんへ、フェイクファーだからね……)」というキャプションを添えた。

 近年、アメリカでは動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」などが、「毛皮は動物の死体だ」という過激なデモを繰り返し行ってきたことなどから、毛皮を着ることは非難される傾向にある。だからこそ、ベラも写真に「フェイクファーだからね……」と一言添えたのだ。

 この言葉にアンチは刺激されたようで、「本当にフェイクファーなのか」と検証を開始。その結果、ベラが着ているコートは、高級デパートなどで販売されている「ALICE+OLIVIA」というブランドの商品であることを突き止めた。コートはフェイクファーではなく、中国製のウサギとキツネの毛皮であることが判明したのだ。

このころはかわいかったのに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク