100人とマッチ! 有名マッチングアプリ・Tinder沼にハマった女(バンドマン好き)の放浪記

みなさんこんにちは、みほたんです。前回いくつかのマッチングアプリを紹介させていただきましたが、今回は私がマッチングアプリ沼にハマる最大のきっかけとなったアプリについて書きたいと思います!

〈Tinder〉
婚活度   ★★☆☆☆
イケメン度 ★★★★☆
出会える度 ★★★☆☆
使いやすさ ★★★☆☆

検索条件に設定出来るのは、自分の現在地からの距離と性別と年齢! それだけ! あとは、ひたすら次々と表示される相手の写真を見て「LIKE(あり)」か「NOPE(なし)」を判断し、左右にスワイプしていきます。この仕分け作業が非常に中毒性あり。私は指がしびれるほど、夜な夜な選別しまくりました。

写真をタップするとプロフィールも見れるのですが、挨拶や趣味などの簡単な情報しか載せていない人ばかり。そう、ここには年収も結婚条件について記載する欄も存在しないのです!

そして、もちろん〈Tinder〉もFacebookと連動しているため、Facebook上で友達として繋がっている人は表示されません。しかし、Facebook上での共通の友人は表示されます(最近バグが多いのが難点)。

細かく条件を絞れないのは不安要素でもありますが、限られた情報から想像力を膨らませて仕分けするのも楽しいですよ!

「マチュピチュ行ってる写真を載せてる奴は意識高そう」
「鍛えられた上半身のアップはヤリ目」
「マルチやってる友達と繋がってるから勧誘系かも」

……などなど勝手にカテゴライズして厳選していました。とはいえ、そこまで憶測を立てなくとも、とにかく顔だけで判断する“単純仕分け作業”もストレス発散になるんです! 年下好きの私はよく、検索年齢を18歳から22歳までに設定して高速スワイプしていました。まあ、相手の年齢を下げるとマッチ率が下がるから切ないんですけどね!

◎結局どんな人と出会ったのか

大体100人とマッチして、実際に会ったのは10人くらい。そのうちの半分は二回以上遊びました。年齢は20歳から30歳まで、職業は銀行員、サラリーマン、デザイナー、ミュージシャン、ラーメン屋、大学生、美容師などなど……改めて振り返ってみると我ながらバラエティ豊かだなぁ! 個人的には、マッチした時点で「会ってもいい」と思っているのですが、周りの友人は、そんなこともないのだとか。友人たちいわく、私はマッチ数に対して会った人数が多い方らしいです。

ネットでの出会いで一番気がかりなのは、「直接知らない人と会って危なくないのか」ってところですよね。確かに最初から「家行きたい」とか言ってくるヤバい奴もいますが、それはその時点でブロック出来るのでまぁ大丈夫。あと、もうひとつ危ないのは「宗教やマルチ商法などの勧誘系に当たること」。これは事前にSNSをチェック出来れば割と判断できるかと! 問題は、メッセージのやりとりでは良い人っぽかったとしても、警戒心が拭えないことです。結局は2人で遊んでみないとわかりません。でもこれって、コンパや友達の紹介、ナンパでの出会いでも変わらないですよね。

◎共通の友達がいる人にあえて突っ込んでいく

冒頭でも触れた、Facebook上での共通の友人が表示されるという機能。友人を通して「あの子がTinderやってるよ!」と報告されるのはちょっと恥ずかしい時もありますが、友人を見れば大体どこ界隈の人か想像出来るし、すぐ仲良くなれる可能性も高いんです。なので、私はあえてマッチングする方向に持っていきます。

まぁその結果、後輩の元カレとマッチしたり、元カレの同級生とマッチしたりしちゃったんですけどね! でも、共通の話題で盛り上がれるし、振り切っちゃえば楽しいですよ(恋愛に繋がるかは置いておいて)!

ただ、元カレの友達とマッチした時は、元カレご本人から「○○くんはヤリチンだよ」みたいなLINEが来て飛び上がりましたけどね。いや、でも久々に元カレと連絡が取れてそれすらもおいしかった、うん。私の生活圏内的に、バンドマンっぽい人は大体どこかで繋がるから怖いよ……。

◎そこに恋は生まれるのか

〈Tinder〉は「いざ、婚活!」って感じじゃないから、ユーザーそれぞれの目的に差がありまくるっていう印象です。実際に私が悩まされたのはそこ!

セックス目的の奴はわかりやすいじゃないですか。前述した通り、事前やりとりの時点でわかります。そんな人は、セックス目的だったら会えば良いし、違うのならブロックすればおしまいです。でも、「え、なにこれ、なに目的?」っていう人と会った時が一番悶々としました。飲みに行って毎回家には泊まるけど何もないとか、毎週決まった曜日にデートしてるけど好意が微塵も感じ取れないとか。

私、2人で飲んでる時に「明日なにも予定ないんだよね~」なんて、これみよがしに夜更かし出来ますアピールとかしましたよ! これが世に言う草食系男子なの? 添い寝フレンドなの? そういう奴に限ってTwitterに「キュンキュンする恋愛してぇ」とか書いてるんですよ! あ、私はTwitterでフォローせずに非公開リストに入れて、定期的に相手のツイートをチェックするストーカーです。

「マッチングアプリ」って一括りにされますが、利用者の目的は婚活、恋人探し、セフレ探し、ビジネス、友達作り、合コンメンツ探しなどなど、それぞれバラバラなんですよ。「面白そうだからとりあえず使ってみた」って人もいるし。その結果、「アプリで出会って遊ぶようになったけど好きではない。でもまぁ嫌いでもないから会う」みたいなぬるい関係性が生まれちゃうんです。冷静に分析したらより悲しいわ! ほとんどの人が、なんとなく「この関係どうなるんだろ〜」ってままフェードアウトしていくし!

めちゃくちゃハマってた時期は去年の春から夏なのですが、こうやって思い返すと懐かしいなぁ。

〈Tinder〉で一番最初に会った下北のイケメンお兄さん、マルチに騙されそうになっていた新卒くん、「俺のこと好きなの?」と聞いてきた三十路男、アプリを使ってタイで女抱きまくってた大学生……。相手にされなかった人も、相手にしなかった人もいるけど、みんな今ごろどうしてるのかなぁ。いい人と出会えたのか、それともまだマッチングアプリの海をさまよっているのか。

と、いろいろ書きましたが、マッチングアプリの中でも有名な〈Tinder〉は、他のアプリに比べてチャラいイメージがある一方で、実際に付き合ったって話も聞きます。「成婚率」は低いかもしれないけど「恋人できた率」は結構高いかと! 重くないからこそ「とりあえず付き合おう〜」って人はいるんだろうな。

ともあれ、〈Tinder〉を使っていろんな人と出会ったり、出会った人とのコンパでさらに出会いを増やしたり、同じくハマってる友達とネタを交換し合ったりなど、たくさん経験を積ませていただきました! うん、まぁ今のところ婚活には繋がってないけどね!

よし、そろそろリアルの世界の出会いの場に繰り出すぞ!

■みほたん/自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 メンバーそれぞれが難点を持つアイドルOTAFUKUガールズの貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決