1ケタに逆戻り!!

月9『いつ恋』8.9%! 有村架純の“レシート朗読”が「号泣」「シュール」と大紛糾!

1603_itsukoi7.jpg
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)公式サイトより

 2月29日、有村架純&高良健吾主演の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)第7話が放送され、視聴率が8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回11.6%でスタートし、第2話が9.6%、第3話が10.0%、第4話が8.9%、第5話が8.8%と推移。第6話で10.7%と若干盛り返すも、再度1ケタへと逆戻りしてしまった。

「第6話より新章に突入し、視聴率の巻き返しを図りたいところでしょうが、第7話は不運にも同時間帯に、女子サッカーのリオ五輪アジア最終予選『日本 VS オーストラリア』(NHK)が放送されていました。日本が1―3で敗北を喫した同試合の視聴率は、前半が11.8%、後半が12.5%。放送終了は午後9時40分でしたし、多少なりともそちらに視聴率を持っていかれ、『いつ恋』の数字が下がってしまったと報じるメディアもあります。ただ、ネット上では『そもそも低いし、数字を奪われたみたいな言い方はしない方が』『月9を見る層と、サッカーを見る層は違う』『来週、持ち直してから言うべき』など、女子サッカー放送が視聴率を下げたのではないとの見方が大多数ですが」(芸能ライター)

 第6話から、舞台が震災後となる5年後に移り、新たなスタートを切るも、悪徳派遣会社に勤める練(高良)は人間が変わってしまったように冷酷な男になり、音(有村)を冷たく突き放すなど、さらなる“鬱展開”を迎えていた『いつ恋』。第7話では、音が恋人の朝陽(西島隆弘)からプロポーズを受けるも、練が気になり指輪を受け取ることができず、また練の祖父(田中泯)が他界したときのことを知ったことで、さらに練への思いが募っていく……という内容が展開された。

「注目が集まったのは、練の祖父の遺品であるパジャマのポケットからレシートが見つかり、音が、レシートを何枚も読み上げるシーン。音はレシートの内容から、祖父がつらいばかりの生活をしていたわけではないと、練に伝えようとしたわけですが、ネット上では賛否両論に。『レシートを読み上げるくだり、美しすぎて泣きそう』『斬新な演出で涙が止まらない』といった肯定的な意見と、『レシートのシーン、無駄に長い』『正直いらなかった』『シュールすぎる』『レシートのシーンで泣ける人って、相当おめでたいと思う』『意味わからなかった』などの意見とで真っ二つに分かれました。こうしたネット上での議論が、視聴率につながればいいのですが……」(同)

 7日に放送となる第8話では、音が練に、朝陽からプロポーズされたことを告げるといったストーリーが展開される予定。いよいよ佳境の『いつ恋』だが、果たしてどのようなクライマックスが待ち受けているのだろうか?

地味に月9ワースト記録ににじり寄ってるけど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー