【うわさの会見場から】

及川光博、突然の“右京ポーズ”にマスコミ騒然! 『相棒』アピールに「未練タラタラ」!?

oikawamituhirooooo.jpg
『パンチドランク・ラヴ』/ビクターエンタテインメント

 昨年10月から「season14」に突入したドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。水谷豊演じる杉下右京の4代目となる“相棒”は、反町隆史が務めているが、昨年12月9日放送の第8話では、平均視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、2007年の「season6」以来となる12%台に数字が落ち込んだと話題に。今年に入っても、1月13日の第11話で12.6%、2月10日放送の第15話で12.8%を記録し、その間も視聴率が14~15%の間を行ったり来たりするなど、人気シリーズながら前seasonより視聴率が乱高下する苦戦の様相を見せている。

 そんな中、「season7」(08年)から「season10」(2012年)まで、相棒の神戸尊役を好演した及川光博が、2月25日に開かれた映画『僕だけがいない街』完成披露試写会に登場。その場で、『相棒』を意識したような仕草を見せ、報道陣を驚かせていたという。

「この日、キャストたちは客席をバックにした記念撮影があったのですが、その時に及川が、『相棒』の杉下右京の特徴ともいえる人差し指を立てたポーズをしだしたんです。その後、ほかの共演者が取っていた別のポーズに合わせていましたが、その後なぜか再び“右京ポーズ”。これに気づいた記者たちは、『なぜこのタイミングで相棒アピールを』『相棒に未練タラタラ?』と困惑、そして苦笑していました」(ワイドショー関係者)

 しかし同イベントでは、マスコミをさらにざわつかせる発言が、及川の口から飛び出したという。

「『僕だけがいない街』では、劇中同じ過去に巻き戻る“リバイバル”という現象が起こるのですが、『もしも子ども時代に戻れたら?』という話題で、及川が突然『僕はお兄ちゃんのお小遣いをこっそり盗んだんです。罪深い男です』と告白しだしました。及川ファンは笑っていたのですが、ほかの観客と報道陣はあ然という感じ。トークの流れにも沿ってない発言だったので、MCもそれ以上話を掘り下げようとせず、滑っていたように見えました」(同)

 “右京ポーズ”そしてトークでも、マスコミを苦笑させてしまった及川。スクリーンの中では、堂々たる演技を見せてほしいものだが……。

記者は深読みするのが仕事なのよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた