"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第303回】

渡部篤郎、再婚の決め手は「母親の介護」!? 元ホステスをRIKACOも笑顔で歓迎のワケ

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jisin160301.jpg
「女性セブン」3月10日号(小学館)

 先週の「女性自身」では狩野英孝の“本命彼女”加藤紗里の父親が登場し、芸能界を引退させて広島に連れて帰る! 宣言をしていたが、それは本当に実行されたようだ。本日(3月1日)の『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)が加藤を広島駅で直撃していた。引退については無言だった加藤だが、パパの助言通りこのまま実家に帰るのか!? ちょっとだが、気になる。

第304回(2/25~3/1発売号より)
1位「渡部篤郎再婚! 元妻RIKKACO『おめでとう!』の高笑い 中谷美紀『捨てられた15年愛』」(「女性セブン」3月10日号)
参照「『いまだ彼から連絡ない…』2児母が願う『父親のケジメ』!」(「女性自身」3月15日号)
2位「清原亜希 息子2人の超名門校を捨てニューヨーク留学を決意」(「週刊女性」3月15日号)
3位「草彅剛 SMAPの行方『楽しみだなぁ』と異様興奮」(「週刊女性」3月15日号)

 「セブン」と「自身」が揃って取り上げている渡部篤郎の再婚ネタ。まずは「セブン」のタイトルからは想像できないが同誌がテーマにしたのは“介護”だった。

 渡部の再婚相手とされるのは、長年付き合って来た中谷美紀ではなく銀座ホステスだった30代の女性A子さん。この理由について、「セブン」は渡部の母親の介護問題が大きかったと指摘する。

「このまま結婚して中谷さんに介護を一緒に手伝ってもらうことにも、渡部さんとしては抵抗があった。中谷さんとしては全部受け止める覚悟があったと思いますが、彼は考えてしまったんでしょうね」

 それで浮上したのがA子さんだった。記事によればA子さんはすでに店を辞め、自分の子どもや渡部の身の回りにも「細やかに気を配って」いるらしい。

 うーん。引っかかる。人気女優の中谷はダメで、元ホステスなら介護問題を一緒に引き受けてもらってもOKという論理が。もちろん本当に渡部がそう思っているかはわからないが、少なくとも「セブン」は完全にそう臭わせている。

 介護問題はこれまで芸能界でも度々話題になった。“離婚”とセットで。

ちょっと、高知東生イイ男すぎじゃない!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク