芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

onnaganemurutoki.jpg
『女が眠る時』公式サイトより

 2月27日公開のビートたけし主演映画『女が眠る時』が、さっそく“大コケ”しているという。共演の西島秀俊とは、昨年公開の『劇場版 MOZU』に続くコンビだったが、マスコミ関係者の間では、たけしよりも西島の集客力のなさが話題となり、「芸能界に巻き起こった西島旋風は、完全に終わってしまった」とささやかれているという。

 2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で大ブレークした西島の最新作となる同作だが、公開初週の週末興収ランキング(興行通信社調べ)では、公開スクリーン数204という大規模ながら12位スタートと、トップ10にはランクインできず。同週トップは、同じく初登場のSexy Zone・中島健人主演『黒崎くんの言いなりになんてならない』だった。

 同作の初日挨拶では、主演のたけし自ら「昨今は映画の興行収入ばかりが取り沙汰されるが、こういう映画もあらためて見直してほしい」と発言し、話題になった。本作は、妻(小山田サユリ)とともにリゾートホテルを訪れたスランプ中の作家(西島)が、とある初老の男性(たけし)と若い女性(忽那汐里)のカップルに興味をひかれてゆくというストーリーで、作品性は高いといわれ、映画ファンからも「解釈の幅が広い作品で面白かった」との声も上がったが、一方で「最初から最後まで、とにかく眠かった」「さっぱり意味がわからない」などと、不満げな意見も目立っている。また客入りも悪かったようで「客席に自分しかいなくて、ガラガラ」「観客3人だった」「平日は、もっと人が入らないんじゃ」といった声も散見された。

「恐らく、製作側も脚本が一般受けしそうにないことはわかっていたはずですし、集客力を期待して、西島を投入した面もあったのではないでしょうか。しかしフタを開けてみると、彼にそこまでの力はなかったようで、ネット上にも『西島目当ての女性ファンが多いかと思ったら、7割が初老の男性とその奥さんって感じ』との声が出ていました。西島は、昨年11月公開の主演映画『劇場版 MOZU』で、公開初週の週末興収ランキングでトップを飾りましたが、最終的な興収は13億円ほどだったそうで、東宝がもくろんでいた20億円超のヒットはかなわず。最近では、役者としての期待はずれ感ばかりが目立っているようです」(芸能ライター)

 大河で披露した肉体美が話題になると、福山雅治や向井理らと並ぶ「女性人気の高い俳優」として一世を風靡した西島だが、人気低下の原因となったのは、やはり“結婚”とみられているようだ。

「14年末に“プロ彼女”(有名人とばかり交際する元タレントの一般人)といわれる女性と結婚後、人気が失速。テレビ各局のプロデューサーも、『数字を持っていない賞味期限切れ』俳優になりつつあると、オファーには慎重になっているようです」(同)

 西島は昨年10月期の主演ドラマ『無痛~診える眼~』(フジテレビ系)も、初回以外の平均視聴率がオール1ケタの惨敗。第4話は、プロ野球日本シリーズの中継延長によって放送スタートが午後11時45分となった背景はあるにせよ、4.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という大爆死を喫してしまった。

 結婚発表時には「西島ロス」現象が起こるほどの人気ぶりだったものの、「主演の連ドラ、最新映画でこのありさまとあっては、今後のオファーは少なくなっていくかもしれませんね」(同)との声も。ドラマ、映画と続けて大コケとなってしまった西島だが、今後大ヒット作に巡り合い、巻き返しを図ることはできるのだろうか?

『劇場版MOZU プレミアム Blu‐ray BOX』 今頃、西島ファンはディーンディーンって叫んでるよ amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!