[韓ドラ沼の彼岸から]

『主君の太陽』、ハの字眉で小籔似のソ・ジソブ&“脇毛疑惑”女優の演技が光る!

――日本のドラマよりハチャメチャな韓ドラが好き♪ 韓流ドラマの沼に落ちた女2人が、好き放題にドラマ&俳優を語る! 

syukunnotaiyou.jpg
『主君の太陽 OST (2CD) 』/Loen Entertainment

☆T子……『冬のソナタ』を始め、話題の韓国ドラマはひと通り押さえてきた独身アラフォー。2015年最大のニュースはヨン様結婚。若い嫁に浮かれ、SNSでのろける彼にがっかり。
★A美……K‐POPを入り口に韓流にはまり、ドラマもつまみぐいする20代後半。最近の悩みは若いアイドルにときめけなくなってきたこと。最近少しスピリチュアルにハマってる。

T子 ねえねえ、コレ見て~!

A美 あ! ソ・イングクの写真集じゃないですか~! 蜷川実花が撮ったやつですね!

T子 酔った勢いでアマゾンでポチっちゃったの~♪ このメッシュTシャツのカット、すごくない? 乳首透けてるのにドヤ顔なの(笑)。笑いとときめきをくれるこの写真集は癒やしになるわ~。

A美 いやー、先輩が彼のファンだったなんて意外。

T子 『応答せよ1997』を見てから、ひっそり応援中よ。

A美 あぁ~、包茎手術の話のやつですね。

T子 そうそう、手術が……って、メインはそこじゃないから!

A美  だって、いきなり主人公が手術受けるんですよ。かなり衝撃でした。

T子 彼の出世作なんだから、そこだけ拾い上げるのはやめてよ~。「キス顔が最も美しい」って言われたんだから! 横顔が素敵なのよ!!

A美 だからこの写真集、横とか斜めのアングルが多いんですね。ソ・イングクといえば、私は『主君の太陽』にハマって徹夜しちゃいました。

T子 ソ・ジソブとコン・ヒョジンのやつね。ソ・イングクは2番手役だったっけ。

A美 ヒロインを見守る役。でも、彼よりジソブがヤバイんです!

T子 コミカルな演技に初挑戦したのよね。いつも小汚くて、寂しい目の男を演じてきたから余計に話題になってたわ。

A美 そのコミカルな演技がすっごくいいんです!

T子 ラブコメだけど、少しホラーも入ってるのよね。で、出てくる幽霊が妙にリアルで怖いのよー。

A美 幽霊が見えるヒロインっていう設定ですからね。そのせいで仕事も恋もまともにできない、彼女の生活自体が幽霊みたいに暗いっていう。なのに、あだ名が「太陽」。で、ショッピングモール「キングダム」の社長であるジソブが「主君」! この「主君」「太陽」っていうワードがストーリーにうまく絡んでいて面白いですよね~。

小籔似がイケメンに見えるか否かが分岐点

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『主君の太陽』、ハの字眉で小籔似のソ・ジソブ&“脇毛疑惑”女優の演技が光る!のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 韓ドラ沼の彼岸から・韓流のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  2. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  3. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  4. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  5. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  6. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  7. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  8. “クズすぎる男性タレント”暴露
  9. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  10. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  11. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  12. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  13. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  14. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  15. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  16. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  17. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  20. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  4. キスマイ女性問題がネットに続出
  5. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  4. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  5. 性被害は被災と同じくらい大変なこと

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!