[韓ドラ沼の彼岸から]

『主君の太陽』、ハの字眉で小籔似のソ・ジソブ&“脇毛疑惑”女優の演技が光る!

――日本のドラマよりハチャメチャな韓ドラが好き♪ 韓流ドラマの沼に落ちた女2人が、好き放題にドラマ&俳優を語る! 

syukunnotaiyou.jpg
『主君の太陽 OST (2CD) 』/Loen Entertainment

☆T子……『冬のソナタ』を始め、話題の韓国ドラマはひと通り押さえてきた独身アラフォー。2015年最大のニュースはヨン様結婚。若い嫁に浮かれ、SNSでのろける彼にがっかり。
★A美……K‐POPを入り口に韓流にはまり、ドラマもつまみぐいする20代後半。最近の悩みは若いアイドルにときめけなくなってきたこと。最近少しスピリチュアルにハマってる。

T子 ねえねえ、コレ見て~!

A美 あ! ソ・イングクの写真集じゃないですか~! 蜷川実花が撮ったやつですね!

T子 酔った勢いでアマゾンでポチっちゃったの~♪ このメッシュTシャツのカット、すごくない? 乳首透けてるのにドヤ顔なの(笑)。笑いとときめきをくれるこの写真集は癒やしになるわ~。

A美 いやー、先輩が彼のファンだったなんて意外。

T子 『応答せよ1997』を見てから、ひっそり応援中よ。

A美 あぁ~、包茎手術の話のやつですね。

T子 そうそう、手術が……って、メインはそこじゃないから!

A美  だって、いきなり主人公が手術受けるんですよ。かなり衝撃でした。

T子 彼の出世作なんだから、そこだけ拾い上げるのはやめてよ~。「キス顔が最も美しい」って言われたんだから! 横顔が素敵なのよ!!

A美 だからこの写真集、横とか斜めのアングルが多いんですね。ソ・イングクといえば、私は『主君の太陽』にハマって徹夜しちゃいました。

T子 ソ・ジソブとコン・ヒョジンのやつね。ソ・イングクは2番手役だったっけ。

A美 ヒロインを見守る役。でも、彼よりジソブがヤバイんです!

T子 コミカルな演技に初挑戦したのよね。いつも小汚くて、寂しい目の男を演じてきたから余計に話題になってたわ。

A美 そのコミカルな演技がすっごくいいんです!

T子 ラブコメだけど、少しホラーも入ってるのよね。で、出てくる幽霊が妙にリアルで怖いのよー。

A美 幽霊が見えるヒロインっていう設定ですからね。そのせいで仕事も恋もまともにできない、彼女の生活自体が幽霊みたいに暗いっていう。なのに、あだ名が「太陽」。で、ショッピングモール「キングダム」の社長であるジソブが「主君」! この「主君」「太陽」っていうワードがストーリーにうまく絡んでいて面白いですよね~。

小籔似がイケメンに見えるか否かが分岐点

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー