【掘り出し☆芸能放談】

ディーン・フジオカ、渋谷すばるら“タトゥー芸能人”! 「全身入ってる」説の意外な人物とは?

160226huji.jpg
ディーン・フジオカ公式インスタグラムより

芸能マスコミの片隅で働く、茶飲み友達の女2人組が、インターネットの情報の渦に埋もれた芸能ネタを、頼まれもしないのにほじくり返す!!

A子……31歳 芸能誌編集者。美容オタクで芸能人の劣化・激太りには目を光らせている。松田龍平の大ファンで、ドラマ・映画は欠かさずチェック。
B美……28歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニヲタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。

A子 清原和博が薬物で逮捕されて、あらためてとんでもないタトゥー入れてたんだなってビックリ。脚に“昇り龍”かなんかのゴツいやつが入ってて、どう見てもカタギの人じゃないよね。

B美 私も、あのタトゥーを見る度にギョッとするわ。「週刊ポスト」(小学館、2月19日号)によれば、右脚に彫られてるのは2匹の龍で、これは2人の息子を思って入れたものなんだって。しかも、左胸にはこの2匹を見守る龍が刻まれているとか。これ、「自分が息子たちを上に導く」ってことで、清原自身を表してるらしいけどね。

A子 息子たち、一体どんな気持ちなんだろうね……。悪い方向に導かれないことを願うばかりだわ。

B美 胸のタトゥーって、去年の8月に『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「お悩みハシゴ酒」企画に出演したときに、ダウンタウンと坂上忍にチラ見せしてたよね。放送では「自主規制」って隠されてたけど。

A子 それ見た! タトゥーについて松本人志が「俺も嫌いではないのよ。そんなん(入れようと)思ったときもあったんだけど」と正直に答えたら、坂上も「僕もありました」と発言してたよね。

B美 でもさ、日本人ってやっぱ海外に比べたらタトゥーに馴染みがないじゃん? 私の考えが古臭いのかわからないけど、個人的に芸能人のタトゥーってあんまり好きじゃないんだよね。やっぱ多くの人の目につく職業だし、タトゥーが入ってるってだけで、自分の中の好感度が下がっちゃう。

A子 デザインが時代とともに古くなって、ダサく見えちゃうことがあるじゃん。私はそういうのが気になっちゃう。まぁ、浜崎あゆみのことなんだけど。あのハートから羽根が生えてるデザイン、2000年頃のヤンキー丸出しって感じで、あゆらしいっちゃあゆらしい(笑)。あ、そういえば最近、ディーン・フジオカにタトゥーが入ってるって、ネット上で話題になってたよね。

のりピーも梵字入れてたよね、梵字

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  2. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  3. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  4. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  7. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  8. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  9. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  10. アンチ急増中miwaの業界評
  11. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  12. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  13. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”
  14. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  15. 石原さとみの顔はエロいのか?
  16. 中居正広、仕事は好調、結婚も近い!?
  17. マスコミ騒然となった「GACKTへの質問」
  18. 30代以上のプチプラコスメはアリナシ?
  19. 不幸が続く山口智充の不運
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  2. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  3. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  4. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  5. NEWS・小山、交際女性が発覚か

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  4. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと