"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第303回】

加藤紗里の父も“出たがり”!? 直撃取材にも完璧な取材コメント、浮かぶ疑惑

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jisin160308.jpg
「女性自身」3月8日号(光文社)

 福島原発事故後も放射性物質を含む汚水漏れが各地で続いているが、2月20日には再稼働が予定される高浜原発4号機でも同様の事故が起こった。さらに福島県で行われている県民健康調査で、甲状腺がんないしは、その疑いのある子どもが167人にも上ったとも報告された。

 原発事故は決してアンダーコントロールなどされていないことは明らかだが、しかし政府や電力会社は再稼働に向けて着々と動き、マスコミもそれを大きく伝えない。それで東京五輪って……あらためてため息。

第303回(2/18~23発売号より)
1位「加藤紗里 『狩野英孝!? 別れて当然。もう娘は芸能界を引退させます!』」(「女性自身」3月8日号)
2位「亀梨和也 ソロデビュー計画進行中!」(「週刊女性」3月8日号)
3位「中山美穂 新宿2丁目でサタデーナイト☆フィーバー!」(「週刊女性」3月8日号)

 狩野英孝ネタってなんだか癒やされる。

 ベッキー不倫やSMAP独立騒動で大騒動の最中、降って湧いた狩野の2~6股恋愛は“どーでもいい”がゆえに癒やし的ネタと感じてしまったほどだが、これで一躍時の人となったのが無名モデルだった加藤紗里だ。プリクラから抜け出たような顔でバラエティや情報番組に出まくり、「自分こそが本命だ」と宣言し自己アピールする様は、ビッグチャンスを逃してなるものか、という根性を感じるものだ。芸能界での成功を目指す人間はこうでなくっちゃね。

 そんな中登場したのが、加藤の実父だ。

「話題人物の関係者(特に親)を直撃!」は女性週刊誌の得意芸、セオリーの1つだが、今週の「自身」でもそれを忠実に実践、加藤パパの刺激的インタビューに成功した。しかもこれがしみじみと心に沁みるものなのだ。

「このままでは娘がかわいそうすぎます」

 取材に応じた加藤パパのこの言葉は、さらし者に見える娘への親としての素直な心だろう。パパが娘と狩野の交際を知ったのは昨年12月。地元広島に帰省していた娘から付き合っている人として狩野の名前が出たらしい。

見せたがり・関心買いたがりの人種につかまると地獄よ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー