夫婦の性欲が噛み合わない時は、「セックスの目的」をズラしてみよう

◎出産後から性欲がなくなったが、夫は求めてくる。私が我慢して付き合うべき?

<菜々子さん>32歳/既婚女性

 結婚して5年、2児(3歳と10カ月)の母です。未婚女性に相談するのもおかしな話かもしれませんが、聞いていただけると嬉しいです。

 2人目を産んだ後から夫と、というか誰ともセックスしたくありません。性欲が湧かないんです。夫には「セックスしたくならない」と伝えているのですが、最近夫のしたいアピールがすごくて悩んでいます。

 昨日も洗濯物をたたんでいる時に「今日どう?」と誘われたのですが、露骨に嫌な顔をした私を見て諦めて寝てくれました。このまま誘いを断り続けて不倫されてしまうのは嫌なんですが、セックスしたくない時にするのはしんどいんです。実際2人目を産んでから3回したのですが、まったくノリ気になれませんでした。

 私が我慢して付き合うしかないのでしょうか?
---------------------------------------

 菜々子さんのようなお悩みは、私の周りにいる子持ち女性からもよく聞くことがあります。それに対する考え方や対処法は人それぞれで、

①夫に誘われても「子供の世話で疲れているから」と断固拒否する。出産の苦労や産後の体調の変化は男性には理解できないものだろうが、セックスできないくらいで不倫するなんてありえない。性欲はオナニーで解消すべき。

②断るのが面倒なのでセックスには応じているが、こちらからのペッティングなどは一切しない。ただ寝ころんだ状態でいればいいので楽。

③毎回セックスを断るのも申し訳ないので、月に1度だけと決めて行っている。夫はもっとしたいようだが、これが限界。

④私は一度寝たらなかなか起きないタイプなので、夫には「セックスしたい時は私が寝ている時にして」とお願いしている。ダッチワイフ状態だが、知らない間に終わっていて夫の性欲も解消されるので好都合。

 などなど。完全拒否のケースから、条件つきで夫とのセックスに臨んでいるケースもありますが、彼女たちはセックスを楽しいものとは一切思っていないところが共通。

 よく考えてみれば「全く楽しいとも思わず、したくもないことをする」ってすごいことですよね。ただ、これって夫婦のセックスに限らず、日常生活でありがちなことなんじゃないでしょうか。

 例えば、デートに出かける時。自分は全く興味のない場所でも、相手が「行きたい」とリクエストした場合、自分の時間を割いてそれに付き合ってあげたという経験はありませんか? 自分の時間を相手のために使う。その後、今度は相手は全く興味がないけれども、自分はすごく行きたい場所に付き合ってもらったり。お互い譲り合いながら同じ時間を過ごすということです。

 セックスは自分の体を使って行うという、ものすごく体感的なものなので、無理にすると嫌悪感を覚えたり苦痛で仕方なかったりするでしょう。でも、考え方次第だと思うんです。少しだけご主人に合わせることによって、円満な夫婦生活が維持できるのならそのほうが楽ではないですか? 最初に挙げた子持ち女性の例のように「月1回ならOK」などの妥協点を見つけて、最低限できる範囲でご主人に菜々子さんの時間と体を譲ってあげる、それでもやっぱり無理でしょうか?

 セックスに限らず、何事も一方のみの意見が採用され続けると、その後の関係に支障をきたす原因になることもあります。「したくない」気持ちはどうしようもありませんし、それ自体が悪いことではないです。ただ、ご主人が菜々子さんとセックスしたいと思うことも悪いことではありません。だからこそ、菜々子さんはセックスを「性欲があるからするもの」ではなく、「結婚生活を円滑に送るための譲り合いの一環」として捉え直すのもアリなのではないでしょうか。

■Lollipop-Rumiko/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!