[ジャニーズ最新言行録]

嵐・松本潤とは「中学生の頃から」交流! 山下達郎、「復活LOVE」誕生の舞台裏告白

arashi_conlast.jpg
まりやの曲に参加したキムタク兄さんに続け~

 2月24日に発売される嵐の新曲「復活LOVE」。嵐にとって48枚目のシングルとなり、作詞は竹内まりや、作曲・編曲を山下達郎が担当している。懐かしい雰囲気のするラブソングで、これまでのシングル曲とは違った一面を見せているが、この豪華なコラボレーションが実現した「復活LOVE」の裏話を、山下やメンバーの松本潤がラジオ番組で語った。

 松本は21日放送のラジオ『日本郵政グループ ゆうちょpresents ジャパモン』(JFN系)にゲスト出演。松本によれば、今回の楽曲提供は2013年のコンサートに山下夫妻が見に来てくれた際、終演後に山下が「いや~良かったなぁ。こういうライブだったら俺にもイメージあるな」と、漏らしたことがきっかけだったという。メンバーは「すぐ書いてください!」とお願いし、その後も「あの話本当にやってくれますか?」と徐々に話を進めていったところ、昨年の春頃に山下からデモテープが届き、歌入れをしてアレンジ作業などに入っていったと明かした。

 一方、山下も『ジャパモン』の後に放送されている『山下達郎のJXグループ サンデー・ソングブック』(同)で、嵐のようなスーパースターの場合は「裏方からの話題はあまり出てこないと思いますので」と前置きした上で、メンバーとの関係性や楽曲提供に関するトークを展開。山下は、嵐がまだジャニーズJr.だった10代の頃から彼らのステージを見ていたといい、特に松本とは中学生の頃から付き合いがあったという。松本が山下のライブを訪れることもあり、こうした縁から今回の楽曲提供に至ったと説明。「立派な大人に成長して、ちょうど良いタイミングで仕事ができたと思います」と、感慨深げに語った。

 また、山下はメンバー5人のレコーディングに立ち会ったそうで、

「一番その現場で感じたのは、5人みんなそれぞれ、とっても特徴的な声を持っているんですよね。嵐のシングルの場合はボーカルに関しては、大野(智)くんが中心になって、歌の進行をするっていうのが大体定番なんですが、相葉(雅紀)くんとか二宮(和也)くんの声も独特の哀愁がありましてですね。それにこう、櫻井(翔)くんのフラットなトーン。それから松潤はハモり好きなので、全部ハモってるんですが。この松潤のハモりを絡めていくとですね、得も言われぬムードが出てきます」

と、個々の歌声を分析。今回は各自の歌の特徴がはっきり対比できるように“なるべく声に加工しない”方針で制作したという。

 多忙な嵐だけにレコーディングは別々に行っており、全員にフルコーラスを歌ってもらい、「それをもとに吟味して歌う分担を決定」したとのこと。なお、歌の切り替えなどは山下が選別したのではなく、長年嵐の制作に携わっているスタッフが決めたという。

「その部分では、僕は一切関与しておりません。まぁ、相葉くんが『僕の“エンジェル”を使ってくれなかった』とか、そういうことをインタビューで言ってますが、それは僕は関与しない問題で。濡れ衣です」

 と、釈明。さらに、レコーディングの際のメンバーの様子について、大野と櫻井は立って歌い、相葉は椅子に座るスタイルだったが、二宮は椅子の上にあぐらをかいて歌い、松本は「なぜかバランスボールに座って歌っていた」と、報告していた。

 昨年9月発売のシングル「愛を叫べ」は初週46.3万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキングで1位に初登場。山下夫妻が手掛けた今回の楽曲は、どれだけ売り上げを伸ばすのか、注目が集まる。

NYCに書いてみたい、と言っていたお話も何卒!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー