膣トレだけじゃ物足りない 自由に楽しむクリトリス

突然ですが、質問です。

あなたは一体いつ、「クリトリス」というものの存在を知りましたか?

女性の体の全パーツの中で、「性的に気持ちよくなれる」以外の役目を一切果たさない器官はクリトリスくらいのものでしょう。そうであるがゆえにクリトリスは、ある種のタブー扱いを受け、社会的にも文字通りの意味でも奥深くに隠され続けてきました。

が、「気持ちよくなれるのっていいじゃない!」ということで、近年はクリトリスを大きく鍛える方法もいろいろと考案されてきています。今回はクリトリスの歴史から、具体的な“クリトレ”方法までを一挙に見ていきましょう!

◎クリトリスは隠れているんじゃない、隠されてきたんだ!

「何をきっかけにクリトリスを知りましたか?」と聞かれて、「学校の授業で」とお答えになる方は、おそらく多くはないのでしょう。私個人は、中学校の保健体育の授業……の後に無駄に「クリトリス!」と叫んで男子だけからウケを取っていたクラスメイトからその単語を知りました。

しかし、その“クリトリス”が一体どこにあるものなのか、何のためのものなのかは知りませんでした。大人に聞いても答えてもらえなかったし、Yahoo!きっずで検索しても出てこなかったのです。

ちなみに、「陰核」でもダメです。「卵巣」だと出てくるのに、どうして? やっぱり、おんなのこがおかあさんになるのに関係ないことだと思われているからでしょうか。私はなんだか、「私の身体にはその名を出すこともはばかられるイケナイものがついているらしい」という気味の悪い感覚に包まれていました。

同じ想いを抱いていた女の子は、現代日本だけでなく、中世ヨーロッパにもいたことでしょう。「大きなクリトリスは淫らな女の象徴だ!」みたいなことを言っている資料は、1725年イギリスの「オナニア~自己を汚すことの凶悪な罪~」から、1905年フランスの「ル オナニスム~自慰行為により起こる病についてのエッセイ~」まで、枚挙にいとまがありません。っていうか今思ったんですけど、このサブタイトル付けがちな傾向はなんなんでしょうか。

当たり前ですが、クリトリスの大きさには個人差があります。クリトリスの大きさから性欲の強さがわかるものではありませんし、性欲が強いからといって何がいけないんでしょう。ベトナムでは2012年、頭を負傷して意識不明になった13歳の女の子が「人よりもクリトリスが大きいから」と陰部まで手術される出来事がありました(出典:ベトジョー ベトナムニュース)。彼女は、自分のクリトリスがどんどん大きくなっていくということを恥じ、母親にすら相談できずにいたそうです。

逆に、と言ってはなんですが、歴史の上では生まれつき大きなクリトリスを積極的に楽しんで生きてきた人々もいます。

◎吸われるだけじゃつまらない! もっと自由なクリトリス

自分のクリトリスを、パートナーに挿入して楽しんできた人々がいます。

それもそのはず。

クリトリスって、解剖学的に見ればめっちゃペニスなんですよね。もちろん、「ペニスってクリトリスなんだよ」って言うこともできますが。とか言うと「おまえは何を言っているんだ」って思われるかもしれませんので、こちらで参考画像をご覧にいれましょう。こちらが、クリトリス(がちょこっと頭を出してる部分の続き)です!

【画像はmessyで!】

うん。ぜんぜんちんちんだね!!

ということで、ものの本では、17世紀のイングランドの産婆さんによるこんなコメントを伝えています。

「クリトリスはときには大変長くなって、割れ目のところにペニスのように垂れ下がり、刺激されれば膨張し硬くなって立つ。みだらな女たちの中にはそれを男がペニスを使うように使おうとつとめる者もあった」
引用元:「同性愛の歴史」ロバート・オールドリッチ著、田中英史・田口孝夫訳、東洋書林(p.127)。元はLaura Gowing による「The midwives book」(Jane Sharp著)p.41の引用

いいじゃん。みだら上等じゃん。って感じですが、気になるのはこの続きです。

1600年までには、クリトリスを男根のように使うことはもはやアフリカとアジアの女性にかぎられたものではなくヨーロッパにもある現象と見られるようになっていた。17世紀以後のヨーロッパの文献には、過度に発達した生殖器のゆえに他の女性と挿入をともなうセックスができ、そのため<男>としてとおった名だたる女たちの例があらわれる。フランスでは1601年にマリー・ル・マーシという人物が男に扮して女性の愛人と<ソドミー>行為をおこなった罪に問われた。
引用元:「同性愛の歴史」ロバート・オールドリッチ著、田中英史・田口孝夫訳、東洋書林(p.128)(※ソドミー…生殖を目的としない性 行為 を罪として名指す表現。例として、オーラルセックスや獣姦など。国によっては「ソドミー法」 と呼ばれる法律があり、特に男性同士の肛門性交が取り締まられた。)

マリー!!!!

なんてことなんだマリー!!!!

マリーはその名を「マリン」と名乗り、ジャンヌ・ル・フェーブルという女性の恋人もいました。が、「クリトリスを使って女性とセックスしたから」という理由で最終的には死刑に処されてしまったといいます。いったい何が悪かったというんでしょうか。マリンの相手が「男とやるよりよかったです」みたいなコメントをしちゃったせいでしょうか。

別に女と寝たいわけじゃなくても、男に勝ちたいわけじゃなくても、性的な快感を主体的に追及するために、クリトリスを鍛えるというのはひとつの手です。最後に、クリトリスを大きく鍛える具体的な方法を見ていきましょうか。

◎クリトリスを大きくする方法

検索してびっくりしちゃったんですが、ウィキペディアには「クリトリスを大きくする方法」の項目があるんですね。英語版だけですけど。短い記事ながらも8件の参考文献があり、けっこう真面目そうな記事です。もちろんソースを確認しながらですが、ちょっとまとめてみましょうか。

英語版ウィキペディアが語る「クリトリスを大きくする方法」まとめ
(1)アンドロゲンが含まれるクリームをクリトリスに塗る
(2)ボディービルダーのように、一定期間テストステロン製剤を服用する
(3)生理食塩水を注射する
(4)クリットポンプを使う

(1)(2)(3)はお薬とかお注射とかなので、お試しになる際は「お医者さんに相談だ!」ってお話なのですが、気になるのは(4)ですよね。このクリットポンプっていうのは、こんな感じの道具です。

【画像はmessyで!】

要は、クリトリスをポンプで吸い出すわけですね。そうすると、前にご紹介した画像のように誰にでも奥に隠れた部分がありますから、それが出てくるわけです。ペニスを大きくするポンプと同じ原理です。

もちろん、使い方を誤ると怪我の危険性もありますから、注意してお使いいただきたいものです。が、アメリカではFDA(日本の厚生労働省らへんにあたる機関)が認可するクリットポンプもあるんだそうで、この方法自体に問題があるというわけではなさそうですね(参考:アメリカ国立生物工学情報センター)

クリトリスとペニスの間の境界線は、実はもっと自由にとらえられるものなのかもしれません。いわゆる男の娘のペニスを「ペニクリ」と呼ぶ映像作品があったり、女性とされて生まれ男性として生きるFtMトランスジェンダーが自分の陰部を「クリチン」と呼んだりすることからもそのことはうかがい知れますね。「女性器」すら語りにくい世の中で、「クリトリス」について言及するのはなかなか難しいことなのかも知れません。だけど、クリトリスも立派な自分の身体の一部。隠されてきたクリトリスについて、語り合ってみませんか?

牧村朝子
1987年生まれ。タレント、文筆家。2013年にフランス人女性と同性婚、現在フランス在住。セクシャリティをテーマに、各種メディアで執筆・出演を行う。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに”レズビアンって何?”って言われること」。twitter:@makimuuuuuu ブログ:http://yurikure.girlfriend.jp/yrkr/

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!