名器って何よ? 男性に聞いた「一番気持ちよかったまんまんの感触」

 女性には絶対わからないのが「挿入中のちんちんで感じるまんまんの感触」です。もちろん男性も「まんまんの中にちんちんを挿入されている感触」は体験できないんですけどね。

 自分のまんまんが男性にどんな感触を与えているか、気になったことのある女性は少なくないんじゃないでしょうか。まんまんの締まりを強化するグッズなどでトレーニングしたとしても、その成果は自分ではわかりづらかったりするし、男性に「締まってて気持ちいい」と言われても、どんな気持ちよさなのかは想像の域を出ません。自分でまんまんの中に指を入れて、内部構造を確かめたとしても、それがちんちんにどんな刺激をもたらすのかは経験できませんしね。

 自分の身体の一部なのに未知の世界である、まんまんの感触。そこで今回は、男性たちに「これまでで一番気持ちよかったまんまんの感触」を教えてもらいました。

■「締まっているワケではなかったが、肉のスポンジに包まれているような感覚で、すぐにイッてしまった」

 気持ちいいまんまんの条件として挙げられることの多い「締まり」ですが、それがなくとも男性にすさまじい快感を与えるまんまんもあるようです。それにしても「肉のスポンジ」って気になりますね。おいしそうな感じがします。

■「男性器全体にピタッと吸いついてくるような女性器。隙間が一切なかった」

 「吸いついてくる」のは、名器のひとつと言われている「たこつぼ」の特徴だそうです。フェラのテクニックとして、「口内でちんちんを包み込むようにするとGOOD」と言われたりしますが、密着や吸いつきはちんちんへの刺激になるのでしょう。

■「二カ所だけものすごい締め付けを感じた」

 膣口と、その奥の二カ所に締め付けがあるまんまんは、「俵締め」と呼ばれる名器です。もう一カ所締め付けがあると「三段締め」と呼ばれるそう。「たこつぼ」に続き、名器を体験している男性はいるものなんですね。

■「ゼリーの中にちんこを突っ込んでいる感じ」 

 ちんちんがない私でも、「これは気持ちよさそうだな」となんとなく想像がつきます。指でゼリーをプニプニ触っただけでも心地いい感触ですし。中がゼリーで満たされているまんまんって、キュート&ファンシーなイメージです。

 まんまんは触る・舐める・突くなどの行為によって快感を得られますが、ちんちんは触る・舐める・締め付ける・吸いつく・包み込むなど、より多くのバリエーションがあるようです。うらやましいぞ、ちんちん! できれば来世は男性として生まれて、その感触を味わってみたいものです。
(Lollipop-Rumiko)

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

名器って何よ? 男性に聞いた「一番気持ちよかったまんまんの感触」のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  5. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  6. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  7. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  8. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  9. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  10. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  11. キスマイ女性問題がネットに続出
  12. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  13. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  14. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  15. 山岸舞彩、セックス写真で絶体絶命
  16. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  17. 西内まりや、月9主題歌が18位
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?
  20. 「GINGER」流“隙のある女子”とは

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. キスマイ女性問題がネットに続出
  4. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  5. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 性被害は被災と同じくらい大変なこと
  4. セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?
  5. 暴力の連鎖が生む沖縄の格差と矛盾

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!