名器って何よ? 男性に聞いた「一番気持ちよかったまんまんの感触」

 女性には絶対わからないのが「挿入中のちんちんで感じるまんまんの感触」です。もちろん男性も「まんまんの中にちんちんを挿入されている感触」は体験できないんですけどね。

 自分のまんまんが男性にどんな感触を与えているか、気になったことのある女性は少なくないんじゃないでしょうか。まんまんの締まりを強化するグッズなどでトレーニングしたとしても、その成果は自分ではわかりづらかったりするし、男性に「締まってて気持ちいい」と言われても、どんな気持ちよさなのかは想像の域を出ません。自分でまんまんの中に指を入れて、内部構造を確かめたとしても、それがちんちんにどんな刺激をもたらすのかは経験できませんしね。

 自分の身体の一部なのに未知の世界である、まんまんの感触。そこで今回は、男性たちに「これまでで一番気持ちよかったまんまんの感触」を教えてもらいました。

■「締まっているワケではなかったが、肉のスポンジに包まれているような感覚で、すぐにイッてしまった」

 気持ちいいまんまんの条件として挙げられることの多い「締まり」ですが、それがなくとも男性にすさまじい快感を与えるまんまんもあるようです。それにしても「肉のスポンジ」って気になりますね。おいしそうな感じがします。

■「男性器全体にピタッと吸いついてくるような女性器。隙間が一切なかった」

 「吸いついてくる」のは、名器のひとつと言われている「たこつぼ」の特徴だそうです。フェラのテクニックとして、「口内でちんちんを包み込むようにするとGOOD」と言われたりしますが、密着や吸いつきはちんちんへの刺激になるのでしょう。

■「二カ所だけものすごい締め付けを感じた」

 膣口と、その奥の二カ所に締め付けがあるまんまんは、「俵締め」と呼ばれる名器です。もう一カ所締め付けがあると「三段締め」と呼ばれるそう。「たこつぼ」に続き、名器を体験している男性はいるものなんですね。

■「ゼリーの中にちんこを突っ込んでいる感じ」 

 ちんちんがない私でも、「これは気持ちよさそうだな」となんとなく想像がつきます。指でゼリーをプニプニ触っただけでも心地いい感触ですし。中がゼリーで満たされているまんまんって、キュート&ファンシーなイメージです。

 まんまんは触る・舐める・突くなどの行為によって快感を得られますが、ちんちんは触る・舐める・締め付ける・吸いつく・包み込むなど、より多くのバリエーションがあるようです。うらやましいぞ、ちんちん! できれば来世は男性として生まれて、その感触を味わってみたいものです。
(Lollipop-Rumiko)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー