サイゾーウーマン世論調査

「三谷の喜劇テイストがいい」「大河はオワコン」『真田丸』は成功するか? 視聴者100名に調査

 NHK大河ドラマ第55作目として1月10日より放送開始となった『真田丸』。初回19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、第6話までの視聴率は順に、第2話20.1%、第3話18.3%、第4話17.8%、第5話19.0%、第6話16.9%となっている。20%台は大河ドラマにおいて約3年ぶりの数字だが、第6話で16%台まで数字が落ちたことにより、今後の先行きを不安視する声も聞こえてくる。

 高視聴率男の呼び声が高い堺雅人主演、多くの大ヒットドラマや大河ドラマ『新選組!』でも脚本を担当した三谷幸喜を起用。草刈正雄、大泉洋、内野聖陽、長澤まさみら、大河ドラマらしい豪華キャストに加え、歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』『三國志』(コーエーテクモゲームス)シリーズで知られるシブサワ・コウ氏監修の3Dマップに力を入れるなど、NHKの『真田丸』にかける期待は並々ならぬものがあるが、果たして大ヒットドラマとして完走できるのだろうか? そこで今回、『真田丸』の視聴者100名に、同ドラマの行方を調査した(Sagooooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:男女年齢不問/有効回答数:100)。

new_sanadamaru_seikou.jpg
1602_sanadamaru_02.jpg
『真田丸』(NHK)公式サイトより

 「『真田丸』は成功しそうか? 失敗しそうか?」という質問に対し、視聴者の83%が「成功しそう」と圧倒的に支持。その理由の多くは、

「主演が堺雅人だから間違いなく成功する、というか成功に導くと思います」(30代/女性/専業主婦)
「堺雅人は、『持ってる』人間だと思うので、成功も持ってきそうに思うため」(30代/女性/専業主婦)
「脚本が『新選組』の三谷幸喜さん、主演が今ノッてる堺雅人さんとくれば、面白くなるに決まってます!」(40代/女性/会社員)
「三谷幸喜さんの作品なのでストーリーも面白く俳優さんも素敵な方ばかり。成功すると思います」(30代/女性/無職)
「さすが、三谷脚本で、喜劇テイストも取り入れられてるので、単純に時代劇好きじゃない人でも見れると思います。キャストの喜劇色がやや強いし、コーエイの三国志ゲーム好きの三谷さんらしく、コーエイにも協力してもらうなんて、最高です。成功すると思います」(40代/男性/個人事業主)

 など、堺、三谷に期待を寄せる声が多数。やはり『半沢直樹』(TBS系)や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)をはじめ、主演作を大ヒットに導いてきた実績を持つ堺と、『振り返れば奴がいる』『古畑任三郎』(ともにフジテレビ系)など、良質なドラマを生み出してきた三谷。両者が組む『真田丸』は鉄板なのかもしれない。

 また、「脇役までしっかりと固めてあるので、この調子で行けるのではないかと思います」(20代/女性/契約派遣社員)、「主人公にはしっくりきていないのですが、放送されてみると、それ以外のキャストが予想以上に良くてわくわくします」(40代/女性/無職)といったほかのキャスト陣を褒める声のほか、「『花燃ゆ』など女性がヒロインになると厳しいが、男性が主人公ならいけそうだから」(20代/女性/会社員)、「前回の視聴率が悪かったから、今回は大丈夫でしょう。2回連続はないと思うからです」(40代/女性/パートアルバイト)、「メジャー路線に切り替えたのはよいと思う、たぶん成功するであろう」(30代/男性/会社員)と、主人公も物語も地味といわれ、全話平均視聴率12.0%の爆死に終えてしまった『花燃ゆ』と比較した上で、成功を予想する声も多く見られた。

 では、残りの17%はどのような理由で「成功しない」と考えているのだろうか?

「しゃべり方が現代風すぎて、違和感を覚えました。また、会話が多すぎて大河の雰囲気が台無しのような気がしました」(20代/女性/無職)
「台詞回しや立ち回りが大河ドラマではなく、フジテレビのバラエティドラマに似た雰囲気があるため」(30代/男性/会社員)
「草笛光子さんなど、大女優が出ているのに、まったく生かされていません。また、大河ドラマにしては重みがなくて、まるで某ケータイ会社の昔話シリーズCMのようでした。本当に残念です」(40代/女性/自由業・フリーランス)
「大河特有の重々しさがまったく感じられません。三谷を使ったのが間違いですね」(30代/女性/会社員)

 セリフ回し、コメディ要素など、三谷作品らしさが出ているが故に、大河ドラマには向かないと感じている人も少なくないようだ。さらに、中には「大河ドラマそのものがオワコンになりつつある。ストーリーに魅力がない」(40代/男性/会社員)、「いつもの大河の雰囲気に、やっぱりどこか似ているので、今の大河ファンは見続けるだろうけど、ただのドラマ好きは続けては見てくれなさそう」(30代/女性/会社員)といった回答も見られた。大河ドラマそのものに魅力を感じなくなってしまっている人も、世間には多いのかもしれない。

 しかしながら、『花燃ゆ』から何作か遡ると、『軍師官兵衛』15.8%、『八重の桜』14.6%、『平清盛』12.0%と、視聴率低迷の続く大河ドラマとしては、『真田丸』の数字は今のところ上々といえるかもしれない。今後、20%超連発の視聴率を叩き出し、大河ドラマ復活の起爆剤となってほしいものだが……。

そんなNHK大河の宿敵が手越祐也という事実

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー