【連載】夫の不倫相手を訴えた! 実録「慰謝料請求裁判」体験記5

別れを拒否し、自殺予告メール 夫の不倫相手との修羅場が始まった

furin5_mini.jpg
Photo by Japanexperterna.se from Flckr

 こんにちは、まほです。結婚4年目にして、夫の不倫が発覚。その日を境に、今まで送ってきた生活は、がらりと大きくありようを変えました。その顛末記です。

■不倫相手の左手薬指に指輪が……

 喫茶店で「わたし×夫×不倫相手」の三者会談を行ったのですが、不倫相手であるさなえ(仮名)は悪びれることは一切なく、「彼女ですから、別れません(キリッ)」と、主張を一切曲げる様子はありません。

「ちょっと、この人に何か言ってよ」

 まさか、そんな居直り方をされるとは、想像もしていなかったわたしは、夫のユウタ(仮名)にバトンを渡すと、ユウタも、「もう関係を続けるのは無理だから」と告げましたが、さなえは「嫌。だって『ずっと一緒にいる』って言ったもん!」と言い張って聞きません。そのうち、2人が「別れるだなんて、そんなこといきなり言われても、納得できない」「何度も別れ話してるだろ」「あれは普通のカップルがよくする痴話喧嘩でしょ」「違うだろ、俺は何度も別れてくれって頼んでるだろ」と言い合いを始めました。

 きりがないので、「ユウタ、目の前でこの人の連絡先、全部消して」とLINEや電話を着信拒否してもらいましたが、それでもさなえは「別れない。だって約束したんだから」と聞く耳を持ちません。これが2人の関係をリークしてくれた人の言っていた「でもね、まほさん、気をつけてくださいね。相手の人、ものすごく気が強いですから」の正体か。実際に目の当たりにして呆れていたところ、さなえの左手に指輪が光っているのが見えました。しっかり薬指にはめていることからして、夫からのプレゼントに違いありません。

「へー、指輪とかプレゼントしてるのね」

 なんだかバカバカしい気持ちになって、今回の不倫について相談していた女友達の中谷さん(仮名)に「不倫女、左薬指に指輪してるw」とLINEを送ると、これ以上、無駄な時間を過ごすのが嫌になり、「とにかく、もう夫は『二度と会わない』と言ってるので、つきまとうのはやめてくださいね」と言い残し、夫と共に店を出ました。

 しかし、さなえはすぐに追ってきて、夫にしがみついて離れません。なんとか振り切って、2人でタクシーに乗り、逃げるために隣駅へと向かいました。そして、しばらく時間を潰した後、自宅へと戻ったのですが、夫は「大丈夫かな。家は知られてはないとは思うんだけど……その辺で張り込んでないかな」と、やたらと辺りを気にしていたのを覚えています。

■SNSに、わたしとそっくりの生活をアップ

 翌日。一晩たって起きると、夫は妙にすっきりした様子でした。LINEや電話を着信拒否したとしても、今はいくらでも連絡を取る方法のある時代です。念のために「あっちの人から連絡なかった?」と尋ねたところ、夫からは「うん。昨日、何もなかったし、向こうも冷静になったんじゃないかな」という返事が返ってきました。

 確かにその日は、見事な青空が広がる晴天で、前日の修羅場が嘘のようにも思えました。しかし、わたしの心の中には、前日のさなえの様子がずっしりと重くのしかかっていました。「絶対に別れない」だとか薬指の指輪だとかを思い出すと、何をする気にもなれず、起き上がるのもおっくうで、布団の中でスマホをいじりながら、どうしても気になって、相手の女性のフェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどをチェックしていました。

 そこにあったのは、わたしとそっくりの生活でした。夫と行ったラーメン屋、夫と行ったお好み焼き屋、夫と行った寿司屋、夫と行った焼肉屋。近隣だけでなく、夫とのデートで、電車で1時間ほどもかけて行った場所で撮った写真まであります。飼っている犬の犬種まで同じなのは笑ってしまいました。しかし、笑いながらも手は震えていました。「このまま終わるのかな……」。正直言って、不安でした。だって向こうは、ちっとも納得していないのです。

「ものすごく気が強い」正体判明!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー