【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

「SMAPはなぜ国民的スターなの?」美容整形Dr.高須幹弥が“顔”の観点から解説!!

2015smap.jpg
「こんなにもSMAPのことが好きだったなんて」と気づいた人も多いはず!

【第7回】「高須幹弥センセイ、SMAPが国民的スターとして愛されるのはどうしてですか?」
新年の幕開けとともに分裂・解散騒動で世間を賑わせたSMAP。突如沸いた予想外の同騒動は、NHKにトップニュース扱いで取り上げられ、連日メディアはてんてこまい。SMAP本人たちの生謝罪で、ひとまず解散は回避されたものの、「やっぱりSMAPは国民的スターなんだ!」と実感した人も多いはず。でも、なぜSMAPはこんなにも人々に愛されているのだろう? 美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長の高須幹弥先生、SMAPが国民的スターたるゆえんを“顔”の観点から分析してください!

■木村と香取は“対照的なイケメン”
 まずメンバーそれぞれの顔の特徴から見ていくと、木村拓哉さんは目立った欠点がなくて、5人の中で一番のイケメン。特に目は開きが良くて、目力もあります。目自体は少し小さいけれど、うまくカバーされているんですね。あと、エラが張っていないからシャープな印象もあります。ただ、男性はエラが張ってないと女性っぽい印象を与えてしまうので、顔の小さい木村さんの場合は貧弱なイメージにつながってしまうんです。男らしい顔が好きな女性には、少し物足りないかもしれません。

 同じく欠点が少ないのが香取慎吾さん。一つひとつのパーツがどれも大きくて、配置もいいです。中でも特徴的なのは、口。笑ったとき横に大きく広がるでしょ。口が大きいと噛みつかれそうなイメージを連想させて、肉食獣みたいな野性的な印象を与えるんです。輪郭もエラが張って下の方に脂肪がついた“下膨れ”だから、より動物的な要素が強くなって、ワイルドだけど可愛らしい印象になります。木村さんとは対照的なイケメン顔といえますね。

 稲垣吾郎さんもパーツの位置関係はいいし、エラも張っているから男らしい印象なのですが、目と口が小さいんですよね。でもその完璧すぎない感じが愛嬌のある印象を与えるので、愛くるしく感じる人も多い顔だと思います。

 逆に中居正広さんは目が大きくて二重の幅も広い。ただ、目の開きのピークが外側寄りのつり目なんです。でも、涙袋がすごく大きいので、つり目のキツい印象が緩和されて愛らしい印象になっています。涙袋って笑ったときに膨らむものだから、笑顔の象徴なんですよ。眉も八の字になっていることが多いので優しい印象を与え、“愛らしくておもしろい人”というイメージの顔ですね。怒っていても怒ったように見えにくい顔です。

やっぱりジャニーさんの審美眼には誰もかなわない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー