芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jisin0217.jpg
「女性自身」3月1日号(光文社)

 “ゲス不倫”の宮崎謙介元議員が、不倫相手の宮沢磨由に送っていた1日400回ものLINEのやりとりや内容を暴露され話題に。しかし今週の「女性自身」には、逆に宮沢氏のある“過去”が! 続きはランキングをどうぞ。

第302回(2/11~16発売号より)
1位「本誌女性記者 『涙の過去』緊急手記『あの不倫グラドルに私も恋人を寝取られた!』」(「女性自身」3月1日号)
2位「連載エッセイ『ムスコ飯』 辻仁成 第68飯」(「女性自身」3月1日号)
3位「羽生結弦の熱愛報道に『デッチあげ記事で、娘は対人恐怖症に』(「週刊女性」3月1日号)

 
 こんなにワクワクし、驚愕し、さらには感服した記事はそうそうない。

 今週の「女性自身」のトップ特集は“ゲス不倫”で辞職した宮崎謙介元議員ネタなのだが、その関連記事として掲載されたのが、同誌女性記者の過去の恋愛告白手記だった。こんな個人的なネタを、と思うかもしれない。しかしこの女性記者、宮崎元議員の不倫相手であるグラドル・宮沢磨由に、恋人を寝取られたというのだ。

 しかもその内容、展開ともにかなりスリリングで面白く、有名人の手記でもないのにぐいぐいと引き込まれてしまうものだった。

 「じつは私も8年前、大好きだった当時の恋人を彼女に寝取られたんです」

 現在32歳独身という女性記者だが、彼女には18歳の時から同じ年の彼氏がいた。しかし交際6年目に、彼が“浮気”をした。その相手が「女優」「妹が音大」「お嬢様」「世界中を旅行」という自慢を吹聴する宮沢だったという。

 しかも女性記者の彼氏もゲスだった。女性記者とは別れないが宮沢ともまだセックスしたいと言い放ったらしい。普通ならここで三下り半を突きつけてもいいはずだったが、女性記者も若かった。

「当面、物わかりのいいふりをして、私の元に戻ってきたところで捨ててやろう」なんてことを考えたという。そして彼氏と女性記者、宮沢の三角関係が始まったらしい。

『過去を忘れた女』 捨てたつもりが追ってくるのが過去よ~ amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!