[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」2月23日号

ただただ壮絶な手記が並ぶ「婦人公論」に見る、女の生への貪欲さと図太さ

fujinkouron150223.jpg
「婦人公論」2月23日号(中央公論新社)

 今号は、特集の前に瀬戸内寂聴先生の新連載からレビューを始めたいと思います。寂聴先生といえば、「婦人公論」(中央公論新社)三種の神器の1つ(その他は美輪明宏、氷川きよし)に数えられるお方。今号では「楽天老婆つれづれごと」と題して、「毎年、暮には天台寺で年越しをして大晦日には餅を搗き、鐘を突き、雪で尻餅をついていたのを思い出す」といった僧侶ギャグを交えながら、近況を報告。「この頃、何をしても、これがいつまで続くのかと思う癖がついてしまった」としんみりさせたかと思えば、「胆のう癌の手術をして、生まれて初めて全身麻酔の注射をしたが、あの気持ちのよかったこと!」と、おクスリにハマってしまった人がお騒がせしている今、ギリギリのネタをぶっこむなど、「婦人公論」をブログ代わりに使えるのも寂聴先生くらいなもの。

 「背もまるくなり、衣服に隠れた裸体には信じられないところに皺が寄っている。何度確かめても、その皺のある身体が自分のものだとは信じられない」と語る先生。どれだけ年を取っても「女」から逃れることはできない、と先生は身をもって教えてくれているようです。

<トピックス>
◎連載 瀬戸内寂聴「わくわく日より」
◎特集 いま、暮らしを変えるキーワード100
◎名作&力作ノンフィクション特集 過酷な運命、それでも生き抜く

■「貫く」リスク

 今号の特集は「いま、暮らしを変えるキーワード100」です。「これまで折にふれ、政治や社会の問題を取り上げてきた『婦人公論』。(中略)そこで、創刊100周年第3号では、いまこそ知っておきたいニュースに注目」ということで、インターネットから情報を得ることに慣れていない「婦人公論」読者たちに旬のニュースをダイジェストでお届け。

 最初のページ「発表! 読者が気になる重大ニュース20」を見てみますと、第1位は「北朝鮮の水爆実験」。2位に「マイナンバー制度の導入」、3位「電力自由化」と社会問題が続き、4位にようやく「SMAP解散騒動」。しかし10位までに芸能ニュースはこれと、8位の「ベッキーの不倫騒動」だけ。「サウジアラビアとイランの断交」や「フランスで起きた同時多発テロ」が上位にランクインしていることからも、「婦人公論」読者の意識の高さが垣間見えます。

寂聴さんは目尻のシワもきっとないことになってるな……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと