学者・東大の肩書外してみ?

“炎上学者”古市憲寿は「百田尚樹の二の舞」? 政治路線&過激語録にテレビ局は……

huruiti.jpg
『保育園義務教育化』(小学館)

 古市憲寿という名前は知らなくても、「ブサイクは怠惰の象徴」「キスは唾液の交換だからしたくない」「子どもは汚いから嫌い」などの発言で、大炎上を巻き起こした社会学者と言えばおわかりだろうか。先日のテレビ番組でも「ハーフってなんで劣化するのが早いんですかね?」と言い放ち、またも批判が噴出した。

 さらには、古市が在籍する東京大学大学院総合文化研究科の指導教員である瀬地山角(せちやま・かく)氏が、Facebook上で教え子のこの失言に対して「このような差別発言は如何なる文脈においても許されてはなりません。社会学者と名乗るのであれば、なおのことです。(中略)当人にも伝えるつもりです。申し訳ありません」と断罪し、謝罪。指導教員の顔に泥を塗った格好となった。
 
「古市氏は『社会学者』の名で通っていますが、その正体は単なる『大学院生』。学者と名乗ることにおいては特別な学位も必要ないため、“肩書”的にそう呼ばれているだけ。つまり、数々の炎上発言も、社会学者という“隠れ蓑”で緩和されているだけなのです。それを外せば、同じように炎上発言を繰り返すテリー伊藤と何ら変わりません」(業界関係者)

 これまでは「若手の気鋭学者」「面白い意見を言う人」として好感を持っていた視聴者にも、こうしたトンデモ発言に「疑問符」がつきはじめるといった揺り戻しが起こっているようだ。

 そんな古市の炎上語録はテレビだけにとどまらず、これまで刊行してきた本にも散見できる。例えば、一昨年に上梓した『だから日本はズレている』(新潮新書)。日本の現状に対して意見を述べた一冊だが、ここで古市は、2020年の東京オリンピック招致運動で一時期、EXILEのメンバーが応援キャラクターを務めていたことに触れ、こう述べている。

 「別にEXILEなんて起用しなくても“絆”とか言っていればヤンキー層は取りこめたはずだ」「ヤンキー票ばかり集めても仕方がない」。つまりは暗に「EXILE好き=ヤンキー層」と決めつけ、さらに「2020年夏のオリンピックは茨城ではなく、東京で開かれるのだ」と言葉を続けている。つまり、「茨城=ヤンキーの多くいる街」という前提で論を進めているのだ。

神輿に乗っけたら最後まで面倒みてくださいね、担ぎ手さん!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!