[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

『SMAP×SMAP』、騒動後は「5人トークなし」「歓声は別録り」の異変……ファンの不安

smap_akacheck.jpg
おしゃべりが止まらない木村さんを見守る中居くんの構図、また見たいの

 1月13日に“解散危機”が報じられ、世間の注目を集めたSMAP。第一報から1カ月が経過し、芸能界や政界スキャンダルが相次いでいることから、メディアのSMAPに対する関心は徐々に薄まってきている。レギュラー番組の多くが通常通り放送されるなど平常運転に戻ったかのように見えるが、現場の状況はまだ落ち着きを取り戻していないようだ。

 SMAPは1月18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で騒動を生謝罪し、グループ存続を表明。21日には生謝罪後初めてメンバーが同番組の収録を行い、草なぎ剛がリクエストしたサザンオールスターズの「涙のキッス」を5人で歌唱するも、草なぎのギターのチューニングがズレていたため、スタジオに笑いが生まれたという舞台裏エピソードがスポーツ紙などで報じられた。そして、2月8日放送の同番組でこの模様がオンエアーされたが、歌唱シーンの前フリは草なぎ1人のインタビューで、5人でのトークは披露されなかった。

 そして、15日の放送は大相撲の大関・琴奨菊関が祐未夫人と「BISTRO SMAP」に登場。報道によると、これは解散騒動後初の「BISTRO SMAP」収録で、撮影が行われたのは2月10日。オンエアーでは、いつもと変わらない「ビストロ」が展開されていたが、この回の収録は観客を入れておらず、観声は“別録り”されたものだという。

「2月5日、ファンクラブ会員宛てのメールで『スマスマ』の番組協力が呼びかけられたのですが、13日の行われるこの収録にはメンバー不在だと記載されていたんです。目的はVTRを見て笑い声や拍手といった“観客の音”を収録するためとのことでした。そんな中、15日に放送された『ビストロ』は、通常、オープニングで映される観覧客が映されず、一方で客席の笑い声や歓声が目立っていました。琴奨菊夫妻がラブラブなエピソードを披露する場面では、『フゥ~』と盛り上げるような声も上がっていました」(SMAPファン)

13日の『めざましどようび』(同)では「ビストロ」の映像が本放送前に一部流れたが、聞こえるのはスタッフの笑い声のみで、別録りした観客の声をかぶせたのは、15日の放送回直前だったようだ。

 実際、勘付いたファンからは「例の『声だけ番協』の回だったのね。違和感なくて素晴らしい」「スタッフさん、番協に行かれた皆様お疲れ様です」と、収録に協力したファンや自然に音声をかぶせたスタッフへ感謝の声が上がっている。

 そんな今回の「ビストロ」は香取慎吾&木村拓哉チームが勝利。ネット上では両者の距離感が遠かったことや、勝利後に「ハイタッチ」をしていなかったことが注目を集めたが、一部ファンからは「ハイタッチは結構前からやってない」との指摘も出ている。

「『スマスマ』の歌のコーナーでも、騒動後は5人のトークが披露されていませんし、周囲も気を使っているのか、5人を取り巻く環境は、まだ“元通り”とはいえない部分も……。ファンクラブが番協を求める機会が少ないため、騒動後は多くのファンが“生のSMAP”に会えていない状況です」(前出ファン)

ファンが心の底から安心できる日は、一体いつになるのだろうか?

ファンの推理力と嗅覚がますます磨かれる日々

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク